旧約聖書「イザヤ」の聖書日課 73件

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

旧約聖書「イザヤ書」の聖書日課 73件

の聖書日課を章・節の順に表示。

イザヤ書 1章

お前たちのささげる多くのいけにえが
わたしにとって何になろうか、と主は言われる。
雄羊や肥えた獣の脂肪の献げ物に
わたしは飽いた。
雄牛、小羊、雄山羊の血をわたしは喜ばない。 イザヤ書 1章11節

心をご覧になる神

イザヤ書 2章

主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。
彼らは剣を打ち直して鋤とし
槍を打ち直して鎌とする。
国は国に向かって剣を上げず
もはや戦うことを学ばない。 イザヤ書 2章4節

主がもたらしてくださる平和

イザヤ書 3章

見よ、主なる万軍の神は
支えとなり、頼みとなる者を
また、パンによる支え、水による支えをも
エルサレムとユダから取り去られる。 イザヤ書 3章1節

頼みとしているものを取り去られる神

イザヤ書 4章

その日には、イスラエルの生き残った者にとって主の若枝は麗しさとなり、栄光となる。この地の結んだ実は誇りとなり、輝きとなる。そしてシオンの残りの者、エルサレムの残された者は、聖なる者と呼ばれる。 イザヤ書 4章2節~3節

エルサレムの残された者

イザヤ書 4章

盗みを働いていた者は、今からは盗んではいけません。むしろ、労苦して自分の手で正当な収入を得、困っている人々に分け与えるようにしなさい。 イザヤ書 4章28節

働く目的

イザヤ書 5章

イスラエルの家は万軍の主のぶどう畑
主が楽しんで植えられたのはユダの人々。
主は裁き(ミシュパト)を待っておられたのに
見よ、流血(ミスパハ)。
正義(ツェダカ)を待っておられたのに
見よ、叫喚(ツェアカ)。 イザヤ書 5章7節

主にあって実を結ぶ

イザヤ書 6章

そのとき、わたしは主の御声を聞いた。
「誰を遣わすべきか。
誰が我々に代わって行くだろうか。」
わたしは言った。
「わたしがここにおります。
わたしを遣わしてください。」 イザヤ書 6章8節

イザヤの召命

イザヤ書 7章

イザヤは言った。
「ダビデの家よ聞け。
あなたたちは

わたしの神にも、もどかしい思いをさせるのか。
それゆえ、わたしの主が御自ら
あなたたちにしるしを与えられる。
見よ、おとめが身ごもって、男の子を産み
その名をインマヌエルと呼ぶ。」 イザヤ書 7章13節~14節

主が与えてくださる救いのしるし

イザヤ書 7章

それゆえ、わたしの主が御自ら
あなたたちにしるしを与えられる。
見よ、おとめが身ごもって、男の子を産み
その名をインマヌエルと呼ぶ。 イザヤ書 7章14節

インマヌエルの到来

イザヤ書 8章

あなたたちはこの民が同盟と呼ぶものを
何一つ同盟と呼んではならない。
彼らが恐れるものを、恐れてはならない。

万軍の主をのみ、聖なる方とせよ。
あなたたちが畏るべき方は主。
御前におののくべき方は主。 イザヤ書 8章12節~13節

神を畏れ、神に従う

イザヤ書 9章

ひとりのみどりごがわたしたちのために生まれた。
ひとりの男の子がわたしたちに与えられた。
権威が彼の肩にある。
その名は、「驚くべき指導者、力ある神
永遠の父、平和の君」と唱えられる。 イザヤ書 9章5節

男の子誕生の予告

イザヤ書 9章

ひとりの男の子がわたしたちに与えられた。
権威が彼の肩にある。
その名は、「驚くべき指導者、力ある神
永遠の父、平和の君」と唱えられる。
ダビデの王座とその王国に権威は増し
平和は絶えることがない。 イザヤ書 9章5節~6節

神との平和を創り出す方

イザヤ書 9章

ひとりのみどりごがわたしたちのために生まれた。
ひとりの男の子がわたしたちに与えられた。
権威が彼の肩にある。
その名は、「驚くべき指導者、力ある神永遠の父、平和の君」と唱えられる。 イザヤ書 9章5節

わたしたちのために生まれた主

イザヤ書 11章

エッサイの株からひとつの芽が萌えいで
その根からひとつの若枝が育ち
その上に主の霊がとどまる。
知恵と識別の霊
思慮と勇気の霊
主を知り、畏れ敬う霊。 イザヤ書 11章1節~2節

エッサイの根株から

イザヤ書 11-12章

エッサイの株からひとつの芽が萌えいで
その根からひとつの若枝が育ち
その上に主の霊がとどまる。
知恵と識別の霊
思慮と勇気の霊
主を知り、畏れ敬う霊。 イザヤ書 11章1節~2節

切り株から生まれる若枝

イザヤ書 11章

信仰がなければ、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神が存在しておられること、また、神は御自分を求める者たちに報いてくださる方であることを、信じていなければならないからです。 イザヤ書 11章:6節

信仰は神からの一方的な恵み

イザヤ書 13-14章

まことに、主はヤコブを憐れみ
再びイスラエルを選び
彼らの土地に置いてくださる。 イザヤ書 14章1節

神に再び選ばれて

イザヤ書 15章

叫び声は、モアブの全域に響き渡り
泣く声は、エグライムまで
またベエル・エリムにまで達する。 イザヤ書 15章8節

泣き叫ぶ声の中で

イザヤ書 16章

まことに、地上から虐げる者はうせ
破壊する者は滅び、踏みにじる者は絶える。
そのとき、ダビデの幕屋に
王座が慈しみをもって立てられ
その上に治める者が、まことをもって座す。
彼は公平を求め、正義を速やかにもたらす。 イザヤ書 16章4節~5節

虐げられることなく

イザヤ書 17-18章

その日には、人は造り主を仰ぎ、その目をイスラエルの聖なる方に注ぐ。もはや、自分の手が作り、自分の指が作った祭壇を仰ぐことなく、アシェラの柱や香炉台を見ようとはしない。 イザヤ書 17章7節~8節

造り主に目を注ぐ

イザヤ書 19章

主は、必ずエジプトを撃たれる。しかしまた、いやされる。彼らは主に立ち帰り、主は彼らの願いを聞き、彼らをいやされる。 イザヤ書 19章22節

撃たれて、いやされて

イザヤ書 20-21章

見張りの者は言った。
「夜明けは近づいている、しかしまだ夜なのだ。
どうしても尋ねたいならば、尋ねよ
もう一度来るがよい。」 イザヤ書 21章12節

解放の朝は来る

イザヤ書 22-23章

騒音に満たされ、どよめく都
喜びに浮かれた町よ。
…お前たちは、都を造られた方に目を向けず
遠い昔に都を形づくられた方を
見ようとしなかった。 イザヤ書 22章2節~11節

喜びに浮かれることなく

イザヤ書 24章

あなたがたはこれらのことの証人となる。 イザヤ書 24章48節

きっとあの人にも起こる

イザヤ書 24-25章

主なる神は、すべての顔から涙をぬぐい
御自分の民の恥を
地上からぬぐい去ってくださる。
これは主が語られたことである。 イザヤ書 25章8節

涙をぬぐってくださる神

イザヤ書 26-27章

我らには、堅固な都がある。
救いのために、城壁と堡塁が築かれた。
城門を開け
神に従い、信仰を守る民が入れるように。
堅固な思いを、あなたは平和に守られる
あなたに信頼するゆえに、平和に。
どこまでも主に信頼せよ、主こそはとこしえの岩。 イザヤ書 26章1節~4節

堅固な信仰に生きる

イザヤ書 28章

それゆえ、主なる神はこう言われる。
「わたしは一つの石をシオンに据える。
これは試みを経た石
堅く据えられた礎の、貴い隅の石だ。
信ずる者は慌てることはない。」 イザヤ書 28章16節

慌てることなく

イザヤ書 29章

「この民は、口でわたしに近づき
唇でわたしを敬うが
心はわたしから遠く離れている。

それゆえ、見よ、わたしは再び
驚くべき業を重ねて、この民を驚かす。
賢者の知恵は滅び
聡明な者の分別は隠される。」 イザヤ書 29章13節~14節

神の驚くべき業

イザヤ書 30章

まことに、イスラエルの聖なる方
わが主なる神は、こう言われた。
「お前たちは、立ち帰って
静かにしているならば救われる。
安らかに信頼していることにこそ力がある」と。 イザヤ書 30章15節

静かにしているならば

イザヤ書 31-32章

災いだ、助けを求めてエジプトに下り
馬を支えとする者は。
彼らは戦車の数が多く
騎兵の数がおびただしいことを頼りとし
イスラエルの聖なる方を仰がず
主を尋ね求めようとしない。 イザヤ書 31章1節

何を支えにして生きるのか

イザヤ書 32章1-8節

見よ、正義によって
一人の王が統治し
高官たちは、公平をもって支配する。
彼らはそれぞれ
風を遮り、雨を避ける所のように
また、水のない地を流れる水路のように
乾ききった地の大きな岩陰のようになる。 イザヤ書 32章1節~2節

平和の土台

イザヤ書 33章

今や、わたしは身を起こすと
主は言われる。
今や、わたしは立ち上がり
今や、自らを高くする。 イザヤ書 33章10節

立ち上がってくださる神

イザヤ書 34-35章

弱った手に力を込め
よろめく膝を強くせよ。
心おののく人々に言え。
「雄々しくあれ、恐れるな。
見よ、あなたたちの神を。
敵を打ち、悪に報いる神が来られる。
神は来て、あなたたちを救われる。」 イザヤ書 35章3節~4節

よろめく膝を強くせよ

イザヤ書 36-37章

「ヒゼキヤに伝えよ。大王、アッシリアの王はこう言われる。なぜこんな頼りないものに頼っているのか。
ただ舌先だけの言葉が戦略であり、戦力であるのかとわたしは言う。今お前は誰を頼みにしてわたしに刃向かうのか。」 イザヤ書 36章4節~5節

何に頼って生きるのか

イザヤ書 38-39章

見よ、わたしの受けた苦痛は
平和のためにほかならない。
あなたはわたしの魂に思いを寄せ
滅びの穴に陥らないようにしてくださった。
あなたはわたしの罪をすべて
あなたの後ろに投げ捨ててくださった。 イザヤ書 38章17節

病を通して知ったこと

イザヤ書 40章

見よ、あなたたちの神
見よ、主なる神。
彼は力を帯びて来られ
御腕をもって統治される。 イザヤ書 40章9節~10節

アドベントの希望

イザヤ書 40章

ヤコブよ、なぜ言うのか
イスラエルよ、なぜ断言するのか
わたしの道は主に隠されている、と
わたしの裁きは神に忘れられた、と。 イザヤ書 40章27節

力強い慰め

イザヤ書 41章

恐れることはない、わたしはあなたと共にいる神。
たじろぐな、わたしはあなたの神。
勢いを与えてあなたを助け
わたしの救いの右の手であなたを支える。 イザヤ書 41章10節

わたしはあなたと共にいる神

イザヤ書 42章

見よ、初めのことは成就した。
新しいことをわたしは告げよう。それが芽生えてくる前に
わたしはあなたたちにそれを聞かせよう。 イザヤ書 42章9節

新しいことをわたしは告げよう

イザヤ書 43章

わたし、わたしが主である。
わたしのほかに救い主はない。 イザヤ書 43章11節

ほかに救い主はない

イザヤ書 43章

わたし、このわたしは、わたし自身のために
あなたの背きの罪をぬぐい
あなたの罪を思い出さないことにする。 イザヤ書 43章25節

あなたの背きの罪をぬぐい

イザヤ書 44章

そして今、わたしの僕ヤコブよ
わたしの選んだイスラエルよ、聞け。

あなたの子孫にわたしの霊を注ぎ
あなたの末にわたしの祝福を与える。 イザヤ書 44章1節~3節

神は契約に忠実

イザヤ書 44章

わたしはあなたの背きを雲のように
罪を霧のように吹き払った。
わたしに立ち帰れ、わたしはあなたを贖った。
天よ、喜び歌え、主のなさったことを。
地の底よ、喜びの叫びをあげよ。 イザヤ書 44章22節~23節

わたしはあなたを贖った

イザヤ書 45章

日の昇るところから日の沈むところまで
人々は知るようになる
わたしのほかは、むなしいものだ、と。
わたしが主、ほかにはいない。
光を造り、闇を創造し
平和をもたらし、災いを創造する者。
わたしが主、これらのことをするものである。 イザヤ書 45章6節~7節

わたしが主、ほかにはいない

イザヤ書 46章

わたしの恵みの業を、わたしは近く成し遂げる。
もはや遠くはない。
わたしは遅れることなく救いをもたらす。
わたしはシオンに救いを
イスラエルにわたしの輝きを与えることにした。 イザヤ書 46章13節

救いをもたらす生ける神

イザヤ書 47章

お前は平然と悪事をし
「見ている者はない」と言っていた。
お前の知恵と知識がお前を誤らせ
お前は心に言っていた
わたしだけ
わたしのほかにはだれもいない、と。 イザヤ書 47章10節

まことの知恵と知識

イザヤ書 48章

イスラエルの聖なる神
あなたを贖う主はこう言われる。
わたしは主、あなたの神
わたしはあなたを教えて力をもたせ
あなたを導いて道を行かせる。
わたしの戒めに耳を傾けるなら
あなたの平和は大河のように
恵みは海の波のようになる。 イザヤ書 48章17節~18節

平和と恵みの主

イザヤ書 49章

あなたを虐げる者に自らの肉を食わせ
新しい酒に酔うように自らの血に酔わせる。
すべて肉なる者は知るようになる
わたしは主、あなたを救い、あなたを贖う
ヤコブの力ある者であることを。 イザヤ書 49章26節

あなたを贖う神

イザヤ書 50章

お前たちのうちにいるであろうか
主を畏れ、主の僕の声に聞き従う者が。
闇の中を歩くときも、光のないときも
主の御名に信頼し、その神を支えとする者が。 イザヤ書 50章10節

主に信頼する

イザヤ書 51章

天に向かって目を上げ
下に広がる地を見渡せ。
天が煙のように消え、地が衣のように朽ち
地に住む者もまた、ぶよのように死に果てても
わたしの救いはとこしえに続き
わたしの恵みの業が絶えることはない。 イザヤ書 51章6節

絶えることのない主の恵みの業

イザヤ書 52章

いかに美しいことか
山々を行き巡り、良い知らせを伝える者の足は。
彼は平和を告げ、恵みの良い知らせを伝え
救いを告げ
あなたの神は王となられた、と
シオンに向かって呼ばわる。 イザヤ書 52章7節

恵みの良い知らせ

イザヤ書 52章

主は聖なる御腕の力を
国々の民の目にあらわにされた。
地の果てまで、すべての人が
わたしたちの神の救いを仰ぐ。 イザヤ書 52章10節

喜びのはじまり

イザヤ書 53章

彼は軽蔑され、人々に見捨てられ
多くの痛みを負い、病を知っている。
彼はわたしたちに顔を隠し
わたしたちは彼を軽蔑し、無視していた。 イザヤ書 53章3節

主イエスが担った苦しみとわたし

イザヤ書 53章

彼が刺し貫かれたのは
わたしたちの背きのためであり
彼が打ち砕かれたのは
わたしたちの咎のためであった。
彼の受けた懲らしめによって
わたしたちに平和が与えられ
彼の受けた傷によって、わたしたちはいやされた。 イザヤ書 53章5節

私たちのための僕の苦難

イザヤ書 53章

彼は不法を働かず
その口に偽りもなかったのに
その墓は神に逆らう者と共にされ
富める者と共に葬られた。 イザヤ書 53章9節

キリストの葬り

イザヤ書 54章

山が移り、丘が揺らぐこともあろう。
しかし、わたしの慈しみはあなたから移らず
わたしの結ぶ平和の契約が揺らぐことはないと
あなたを憐れむ主は言われる。 イザヤ書 54章10節

神の契約は揺らぐことがない

イザヤ書 55章

わたしの思いは、あなたたちの思いと異なり
わたしの道はあなたたちの道と異なると
主は言われる。
天が地を高く超えているように
わたしの道は、あなたたちの道を
わたしの思いは
あなたたちの思いを、高く超えている。 イザヤ書 55章8節~9節

20180524

イザヤ書 56章

また、主のもとに集って来た異邦人が
主に仕え、主の名を愛し、その僕となり
安息日を守り、それを汚すことなく
わたしの契約を固く守るなら
わたしは彼らを聖なるわたしの山に導き
わたしの祈りの家の喜びの祝いに
連なることを許す。 イザヤ書 56章6節~7節

新しい神の民

イザヤ書 57章

高く、あがめられて、永遠にいまし
その名を聖と唱えられる方がこう言われる。
わたしは、高く、聖なる所に住み
打ち砕かれて、へりくだる霊の人と共にあり
へりくだる霊の人に命を得させ
打ち砕かれた心の人に命を得させる。 イザヤ書 57章15節

打ち砕かれた心

イザヤ書 58章

わたしの選ぶ断食とはこれではないか。…飢えた人にあなたのパンを裂き与えさまよう貧しい人を家に招き入れ裸の人に会えば衣を着せかけ同胞に助けを惜しまないこと。そうすれば、あなたの光は曙のように射し出であなたの傷は速やかにいやされる。 イザヤ書 58章6節~8節

裸の隣人に愛の衣を

イザヤ書 58章

わたしの選ぶ断食とはこれではないか。
悪による束縛を断ち、軛の結び目をほどいて
虐げられた人を解放し、軛をことごとく折ること。
更に、飢えた人にあなたのパンを裂き与え
さまよう貧しい人を家に招き入れ
裸の人に会えば衣を着せかけ
同胞に助けを惜しまないこと。 イザヤ書 58章6節~7節

愛と真実で行動する

イザヤ書 59章

これは、わたしが彼らと結ぶ契約であると
主は言われる。
あなたの上にあるわたしの霊
あなたの口においたわたしの言葉は
あなたの口からも、あなたの子孫の口からも
あなたの子孫の子孫の口からも
今も、そしてとこしえに
離れることはない、と主は言われる。 イザヤ書 59章21節

神の介入による救い

イザヤ書 60章

起きよ、光を放て。
あなたを照らす光は昇り
主の栄光はあなたの上に輝く。
見よ、闇は地を覆い
暗黒が国々を包んでいる。
しかし、あなたの上には主が輝き出で
主の栄光があなたの上に現れる。 イザヤ書 60章1節~2節

恵みの光を反射する

イザヤ書 61章

主はわたしに油を注ぎ
主なる神の霊がわたしをとらえた。
わたしを遣わして
貧しい人に良い知らせを伝えさせるために。
打ち砕かれた心を包み
捕らわれ人には自由を
つながれている人には解放を告知させるために。 イザヤ書 61章1節

神の良い知らせ

イザヤ書 61章

主はわたしに油を注ぎ
主なる神の霊がわたしをとらえた。
わたしを遣わして
貧しい人に良い知らせを伝えさせるために。 イザヤ書 61章1節

アドベントのしるし

イザヤ書 62章

諸国の民はあなたの正しさを見
王はすべて、あなたの栄光を仰ぐ。
主の口が定めた新しい名をもって
あなたは呼ばれるであろう。
あなたは主の御手の中で輝かしい冠となり
あなたの神の御手の中で王冠となる。 イザヤ書 62章2節~3節

新しい名が与えられる

イザヤ書 63章

主は言われた
彼らはわたしの民、偽りのない子らである、と。
そして主は彼らの救い主となられた。
彼らの苦難を常に御自分の苦難とし
御前に仕える御使いによって彼らを救い
愛と憐れみをもって彼らを贖い
昔から常に
彼らを負い、彼らを担ってくださった。 イザヤ書 63章8節~9節

神を求める祈り

イザヤ書 64章

わたしたちは皆、汚れた者となり
正しい業もすべて汚れた着物のようになった。
わたしたちは皆、枯れ葉のようになり
わたしたちの悪は風のように
わたしたちを運び去った。 イザヤ書 64章5節

善き行いの脆さ

イザヤ書 64章

しかし、主よ、あなたは我らの父。
わたしたちは粘土、あなたは陶工
わたしたちは皆、あなたの御手の業。
どうか主が、激しく怒られることなく
いつまでも悪に心を留められることなく
あなたの民であるわたしたちすべてに
目を留めてくださるように。 イザヤ書 64章7節~8節

父のもとに帰ろう

イザヤ書 65章

見よ、わたしは新しい天と新しい地を創造する。
初めからのことを思い起こす者はない。
それはだれの心にも上ることはない。
代々とこしえに喜び楽しみ、喜び躍れ。
わたしは創造する。
見よ、わたしはエルサレムを喜び躍るものとして
その民を喜び楽しむものとして、創造する。 イザヤ書 65章17節~18節

喜び楽しむ神の民

イザヤ書 66章1-2節

主はこう言われる。
天はわたしの王座、地はわが足台。 イザヤ書 66章1節

天地

イザヤ書 66章

彼らはあなたたちのすべての兄弟を主への献げ物として、馬、車、駕籠、らば、らくだに載せ、あらゆる国民の間からわたしの聖なる山エルサレムに連れて来る、と主は言われる。それは、イスラエルの子らが献げ物を清い器に入れて、主の神殿にもたらすのと同じである、と主は言われる。 イザヤ書 66章20節

皆が一つとなって

イザヤ書 66章

新月ごと、安息日ごとに
すべての肉なる者はわたしの前に来てひれ伏すと
主は言われる。 イザヤ書 66章23節

真の安息を求めて

聖書66巻から探す

過去の聖書日課を聖書別に表示しています。聖書は旧約・新約合わせて66巻あります。

旧約聖書
創世記 64件
出エジプト記 32件
レビ記 16件
民数記 25件
申命記 38件
ヨシュア記 25件
士師記 20件
ルツ記 4件
サムエル記上 33件
サムエル記下 26件
列王記上 1件
列王記下 1件
歴代誌上 0件
歴代誌下 0件
エズラ記 10件
ネヘミヤ記 12件
エステル記 1件
ヨブ記 21件
詩編 118件
箴言 36件
コヘレトの言葉 1件
雅歌 8件
イザヤ書 73件
エレミヤ書 50件
哀歌 5件
エゼキエル書 49件
ダニエル書 12件
ホセア書 14件
ヨエル書 4件
アモス書 18件
オバデヤ書 1件
ヨナ書 4件
ミカ書 8件
ナホム書 3件
ハバクク書 6件
ゼファニヤ書 0件
ハガイ書 0件
ゼカリヤ書 13件
マラキ書 0件
新約聖書
マタイによる福音書 161件
マルコによる福音書 51件
ルカによる福音書 114件
ヨハネによる福音書 126件
使徒言行録 48件
ローマの信徒への手紙 73件
コリントの信徒への手紙一 45件
コリントの信徒への手紙二 29件
ガラテヤの信徒への手紙 23件
エフェソの信徒への手紙 42件
フィリピの信徒への手紙 19件
コロサイの信徒への手紙 17件
テサロニケの信徒への手紙一 13件
テサロニケの信徒への手紙二 7件
テモテへの手紙一 16件
テモテへの手紙二 7件
テトスへの手紙 4件
フィレモンへの手紙 4件
ヘブライ人への手紙 21件
ヤコブの手紙 12件
ペトロの手紙一 21件
ペトロの手紙二 6件
ヨハネの手紙一 19件
ヨハネの手紙二 1件
ヨハネの手紙三 1件
ユダの手紙 1件
ヨハネの黙示録 24件
指定なし 0件