リスナーからのお便り 2021年9月分

●日が暮れると空にくっきりと下姿の月が見られるようになりました。いつの間にか蝉の声が秋の虫の声に代わり、あんなに暑かった日々の記憶がすっかり薄らいでしまいました。毎日「ふくいんのなみ」を聴いて一日が始まっています。慣れ親しんだお声が代わり、いつかその日が来る予想はありましたのに、いざそうなってみると寂しさもひとしおです。新しい男性の方のお声はとても良いお声、聞き惚れているうちに放送が終わり、内容が……慌てて聞き直すことが何度か。なみ子様、長い間、本当にありがとうございました。ほほえみトークが一層待ち遠しくなりました。
過ごしやすい季節になりましたが、花粉や台風の心配も。神様のお守りとお支えをお祈りしております。主に在りて。千葉県 T.U.さん

●主の御名を賛美します。9月になり、少しは涼しいかと思いますが、このところ雨天でとても蒸し暑いです。毎週「聖書を開こう」の放送を聴いております。感謝です。みことばに養われることは本当に嬉しいです。友人に話したら早速聞いてくれました。心の寂しい友、悲しんでいる友に福音放送を勧めています。主の御名が崇められますように。兵庫県 M.N.さん

●熊田なみ子さま、スタッフの皆様、すっかり秋らしさを感じられるようになりました。熊田なみ子さんのお声がラジオから聞かれなくなるとお知らせを聞いたときにはとても寂しく思いました。ビックリすると同時に、ラジオで私の名前を呼んで頂き、お話くださったことをとても嬉しく思い、その後の私の人生に勇気を与えてくださったことをとても感謝致しております。どうぞこれからもお体大切になさってくださいね。いつもありがとうございました。お元気でお過ごしください。
今週の山下先生のお話、ありがとうございました。私は聖書に出会い、そして神様に出会えたことに感謝しています。光を与えてくださる神様と聖書を大切にしていきます。宮城県 Y.S.さん

●プレゼントのペトロCD申し込みます。イエスの心、キリストの受難に至るまで、ペトロは恐怖の只中にあって主の傍らに付かず離れず苦しみましたね。イエス様は、その心を最後まで守り続けたのは愛弟子ペトロと確信していたのではないでしょうか。
ラジオの放送時間、短いと思のは私だけ? 静岡県 ペトロファンさん

●あっという間に9月も末に。神さまのお守りの中にある日々に感謝です。お忙しい中を申し訳ございませんが、10月の番組プログラムをお送りください。「あさのことば」でみ言葉と共に歩み、一日一日、豊かに感謝と賛美をしています。皆様のご健康とお働きのためにお祈り致します。東京都 T.N.さん

●主の御名を賛美致します。いつも心も体も元気でありたいと願っているのですが、病気だらけの私なので思うようにいきません。一つが少し良くなったと思ったら、もう一つが再発してしまい、落ち込んでいます。そううつ病のために余計強く感じてしまいます。でも祈っていきます。暗くなっても負けないでいきたいです。東京都 H.K.さん

●すっかり庭の曼殊沙華もすっかり終わり、涼しくなりました。台風が控えていたり、子どもたちへのコロナ感染も身近に聞きます。この時期に、本当に大切なことに気づかせていただき、今とこれからに備えるために、健康が守られますように、コロナにかかった人たちの苦しみが少なくて済みますように、痛みや病気や心の苦しみの中に在る方々が慰めを受け、立ち上がることができますように、平安をくださる神様に祈ることができますようにお祈りいたします。
「病みつつ祈りつつ」-通勤時間によく聞いていたことを思い出しました。しまってあるので聞いてみます。埼玉県 M.E.さん

Copyright (C) 2021 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.