リジョイス聖書日課 2022年7月

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

2022年7月の聖書日課

わたしの街のこの教会 Vol.62 草加松原教会

わたしの街のこの教会 Vol.62 草加松原教会

毎月、改革派教会を動画で紹介する企画「わたしの街のこの教会」。2022年7月は埼玉県 草加市 にある「草加松原教会」です。

ルカ 21-22章

「あの金持ちたちは皆、有り余る中から献金したが、この人は、乏しい中から持っている生活費を全部入れたからである。」 ルカによる福音書 21章4節

信仰の告白、賛美としての献金

一人のやもめがレプトン銅貨2枚をささげた行為と、それをささげたやもめの心は、誰にも見えず、分かりません。しかし、それを受け取ってくださる神の目には、よく見えていました。神は、私たちのたった1回の献金さ…

ルカ 23-24章

人々はイエスを引いて行く途中、田舎から出て来たシモンというキレネ人を捕まえて、十字架を背負わせ、イエスの後ろから運ばせた。 ルカによる福音書 23章26節

わたしの前に差し出される十字架

ここで唐突に、前後の文脈も何もなく、突然、キレネ人シモンが登場します。彼は、無理やり主イエスの十字架を背負わされて、主イエスのあとを歩ませられました。 なぜこの大事な場面でキレネ人シモンなのかと思いま…

箴言 20-21章

人の一歩一歩を定めるのは主である。
人は自らの道について何を理解していようか。 箴言 20章24節

一歩一歩を主が定めておられる

ここで言う道とは何でしょう。どのような人生を歩むかという大きな面と、きょう何が起こるか、という日常的な面があります。 どちらにしても、私たちは自らの道について何を理解しているでしょうか。きょう一日だけ…

エズラ 1章(※2章も合わせて通読ください)

ペルシアの王キュロスの第1年のことである。主はかつてエレミヤの口によって約束されたことを成就するため、…キュロスの心を動かされた。 エズラ記 1章1節

ペルシア王の心を動かされる神

聖書の神は歴史を支配され、ご自身の計画を実行されます。神は、エバの子孫に悪魔の頭を砕く方を送ると宣言されました。そのためにアブラハムを選び、その子孫をユダヤ民族として導かれ、イスラエル王国を建国され…

エズラ 1章(※3-5章も合わせて通読ください)

あなたたちの中で主の民に属する者はだれでも、エルサレムにいますイスラエルの神、主の神殿を建てるために、ユダのエルサレムに上って行くがよい。 エズラ記 1章3節

神殿再建を布告するペルシア王

神に心を動かされたペルシア王キュロスは捕囚として連れてこられたユダヤの人びとを祖国に帰すことにしました。そしてイスラエルの神のために神殿を再建することを布告します。エルサレムの神殿はバビロンによって…

エズラ 1章(※7-10章も合わせて通読ください)

そこで、ユダとベニヤミンの家長、祭司、レビ人、つまり神に心を動かされた者は皆、エルサレムの主の神殿を建てるために上って行こうとした。 エズラ記 1章5節

神によって心動かされた神の民

ペルシア王による祖国帰還と神殿再建の布告を聞いたときに、捕囚の民として連れてこられたユダヤ人たちはどのように応答したのでしょうか。半信半疑であったかも知れません。いきなりそのように言われても、既にバ…

ネヘミヤ 8章(※1-7章も合わせて通読ください)

エズラは人々より高い所にいたので、皆が見守る中でその書を開いた。彼が書を開くと民は皆、立ち上がった。 ネヘミヤ記 8章5節

御言葉が読まれ聞かれる礼拝

捕囚から解放されて祖国に戻ったユダヤの人びとは、困難の中にも神の導きにより神殿を再建しました。 さらにネヘミヤ記にはエルサレムの城壁が再建され、第7の月に感謝の礼拝が行われた様子が記されています。人び…

ネヘミヤ 8章

民は皆、帰って、食べたり飲んだりし、備えのない者と分かち合い、大いに喜び祝った。教えられたことを理解したからである。 ネヘミヤ記 8章12節

御言葉の理解愛餐の喜び礼拝の祝福

ネヘミヤ 9-13章

他の4分の1の時間は、彼らの神、主の前に向かって罪を告白し、ひれ伏していた。 ネヘミヤ記 9章3節

神に対する悔い改めと罪の告白

箴言 22章1-16節

若者を歩むべき道の初めに教育せよ。
年老いてもそこからそれることがないであろう。 箴言 22章6節

歩むべき道の初めに教えよ

エステル 1-2章

王はどの女にもましてエステルを愛し、エステルは娘たちの中で王の厚意と愛に最も恵まれることとなった。 エステル記 2章17節

エステルを王妃にした神の御計画

エステル 3-4章

「定めに反することではありますが、私は王のもとに参ります。このために死ななければならないのでしたら、死ぬ覚悟でおります。」 エステル記 4章16節

神に従うエステルの覚悟

エステル 5-7章

こうしてハマンは、自分がモルデカイのために立てた柱につるされ、王の怒りは治まった。 エステル記 7章10節

柱につるされたハマン

エステル 8-10章

悩みが喜びに、嘆きが祭りに変わった月として、この月の両日を宴会と祝祭の日とし、贈り物を交換し、貧しい人に施しをすることとした。 エステル記 9章22節

嘆きの日を喜びの日に変える神

コロサイ 1-2章

あなたがたがキリスト・イエスにおいて持っている信仰と、すべての聖なる者たちに対して抱いている愛について、聞いたからです。 コロサイの信徒への手紙 1章4節

兄弟姉妹に対する愛の労苦をする教会

コロサイ 3-4章

わたしパウロが、自分の手で挨拶を記します。わたしが捕らわれの身であることを、心に留めてください。恵みがあなたがたと共にあるように。 コロサイの信徒への手紙 4章18節

同じ信仰をもつ神の教会

箴言 22章17節-24章34節

あなたが主に信頼する者となるように
今日、あなたに教えを与えよう。 箴言 22章19節

主に信頼する者となるように

ヨブ 1-3章

ヨブ記 3章20節

「なぜ」と神に叫ぶ信仰

ヨブ 19章

わたしは知っている
わたしを贖う方は生きておられ
ついには塵の上に立たれるであろう。 ヨブ記 19章25節

贖う方を求める信仰

ヨブ 28章

そして、人間に言われた。
「主を畏れ敬うこと、それが知恵
悪を遠ざけること、それが分別。」 ヨブ記 28章28節

主を畏れ敬う知恵

ヨブ 29章

あのころ、全能者はわたしと共におられ
わたしの子らはわたしの周りにいた。 ヨブ記 29章5節

悲しみに表される信仰

ヨブ 37章

今、光は見えないが
それは雲のかなたで輝いている。 ヨブ記 37章21節

たとえ今光が見えなくても

ヨブ 42章

それゆえ、わたしは塵と灰の上に伏し
自分を退け、悔い改めます。 ヨブ記 42章6節

主が共にいてくださる幸い

箴言 25-28章

あなたの羊の様子をよく知っておけ。
群れに心を向けよ。 箴言 27章23

羊の群れにあなたの心を向けよ

イザヤ 1章

お前たちが進んで従うなら
大地の実りを食べることができる。 イザヤ書 1章19節

キリストに進んで従うなら

イザヤ 6章

そのとき、わたしは主の御声を聞いた。
「誰を遣わすべきか。…」

「わたしがここにおります。
わたしを遣わしてください。」 イザヤ書 6章8節

わたしを遣わしてください

イザヤ 9章

ひとりの男の子がわたしたちに与えられた。
権威が彼の肩にある。
その名は、「驚くべき指導者、力ある神
永遠の父、平和の君」と唱えられる。 イザヤ書 9章5節

その名は平和の君と唱えられる

イザヤ 11章

わたしの聖なる山においては
何ものも害を加えず、滅ぼすこともない。
水が海を覆っているように
大地は主を知る知識で満たされる。 イザヤ書 11章9節

大地は主を知る知識で満たされる

イザヤ 35章

そこに大路が敷かれる。
その道は聖なる道と呼ばれ
汚れた者がその道を通ることはない。
主御自身がその民に先だって歩まれ
…。 イザヤ書 35章8節

その道は聖なる道と呼ばれる

イザヤ 40章1-11節

慰めよ、わたしの民を慰めよと
あなたたちの神は言われる。 イザヤ書 40章1節

慰めよ慰めよわたしの民を

箴言 29-31章

幻がなければ民は堕落する。
教えを守る者は幸いである。 箴言 29章18節

幻がなければ民は堕落する