リジョイス聖書日課 2022年12月

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

2022年12月の聖書日課

わたしの街のこの教会 Vol.67 坂戸教会

わたしの街のこの教会 Vol.67 坂戸教会

毎月、改革派教会を動画で紹介する企画「わたしの街のこの教会」。2022年12月は埼玉県坂戸市にある「坂戸教会」です。

歴代上 10-29章

ダビデは、「ベツレヘムの城門の傍らにある、あの井戸の水を飲ませてくれる者があればよいのに」と切望した。 歴代誌上 11章17節

王が発する一言の重みと罪深さ

歴代誌上10章以下にはダビデ王の功績が記されています。数あるダビデの話の中で、地味ではあるものの注目に値する逸話があります。 あるとき、ダビデは「ベツレヘムの城門の傍らにある、あの井戸の水を飲ませてくれ…

歴代下 1-9章

僕とあなたの民イスラエルがこの所に向かって祈り求める願いを聞き届けてください。…天から耳を傾け、聞き届けて、罪を赦してください。 歴代誌下 6章21節

神殿は罪を告白し赦される場所

歴代誌下の最初の9章は、ソロモン王の業績が記されています。その中でも神殿建築に関わる記事がこれらの章のほとんどを占めています。 神殿が完成し、神にこの神殿を奉献するにあたってソロモンは長い祈りを神にさ…

歴代下 10-36章

こうして主がエレミヤの口を通して告げられた言葉が実現し、…その荒廃の全期間を通じて地は安息を得、70年の年月が満ちた。
歴代誌下 36章21節

罪がもたらす土地の荒廃と真の安息

ソロモン王の死後、王国は南北に分裂し、ソロモン王が神殿奉献のときに祈りの中で列挙した罪が現実となってしまいます。正しい王の治世も束の間、神への誠実な生き方は失われ、とうとう罪は極みに達します。ついに…

雅歌 3-6章

夜ごと、ふしどに恋い慕う人を求めても
求めても、見つかりません。
起き出して町をめぐり
通りや広場をめぐって
恋い慕う人を求めよう。 雅歌 3章1節~2節

夜ごと求めて探してでもきっと

幾つの夜を越えてゆけば、恋しい人は再び来てくれるだろう。おとめの焦がれる思いに祈りを合わせます。 過去の甘美な記憶は、あの人が今いないという辛さを突きつけもします。待つことは痛く苦しいことでもありまし…

ヨハネ 1章

「はっきり言っておく。天が開け、神の天使たちが人の子の上に昇り降りするのを、あなたがたは見ることになる。」
ヨハネによる福音書 1章51節

しるしをとおして見るもの

ヨハネ 2-4章

イエスは、この最初のしるしをガリラヤのカナで行って、その栄光を現された。それで、弟子たちはイエスを信じた。
ヨハネによる福音書 2章11節

最初のしるし「喜び」

ヨハネ 4章

イエスは言われた。「帰りなさい。あなたの息子は生きる。」その人は、イエスの言われた言葉を信じて帰って行った。
ヨハネによる福音書 4章50節

御言葉を信じて生きる

ヨハネ 5章

このために、ユダヤ人たちは、ますますイエスを殺そうとねらうようになった。
ヨハネによる福音書 5章18節

十字架の死を指し示す

ヨハネ 6章

イエスはパンを取り、感謝の祈りを唱えてから、座っている人々に分け与えられた。また、魚も同じようにして、欲しいだけ分け与えられた。
ヨハネによる福音書 6章11節

驚くべき豊かなみ恵み

ヨハネ 6章

イエスは言われた。「わたしだ。恐れることはない。」
ヨハネによる福音書 6章20節

恐れから解き放たれて生きる

雅歌 7-8章

エルサレムのおとめたちよ、誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。 雅歌 8章4節

歩みを一つ経るたびに愛を信じて

ヨハネ 9章

イエスはお答えになった。「本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。神の業がこの人に現れるためである。」
ヨハネによる福音書 9章3節

過去でなく未来を見て生きる

ヨハネ 11章

こう言ってから、「ラザロ、出て来なさい」と大声で叫ばれた。 ヨハネによる福音書 11章43節

最後にして最大のしるし

ヨハネ 12章

「今こそ、この世が裁かれる時。今、この世の支配者が追放される。わたしは地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう。」
ヨハネによる福音書 12章31節~32節

独り子主イエスが上げられる

ヨハネ 19章

ピラトはまた出て来て、言った。「見よ、あの男をあなたたちのところへ引き出そう。」…ピラトは、「見よ、この男だ」と言った。 ヨハネによる福音書 19章4節~5節

十字架のキリストを見るために

ヨハネ 20章

イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」 ヨハネによる福音書 20章29節

見ないで信じる幸い

ヨハネ 20章

これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである。 ヨハネによる福音書 20章31節

御言葉を信じて命を受ける

雅歌 8章

大水も愛を消すことはできない

愛を支配しようと
財宝などを差し出す人があれば
その人は必ずさげすまれる。 雅歌 8章7節

勇み歌わん、主を愛する、愛をば愛をば

黙示録 1章

わたしは、語りかける声の主を見ようとして…振り向くと、7つの金の燭台が見え、燭台の中央には、人の子のような方がおり、…
ヨハネの黙示録 1章12節~13節

中央におられるキリスト

黙示録 2-3章

「見よ、…だれかわたしの声を聞いて戸を開ける者があれば、わたしは中に入ってその者と共に食事をし、彼もまた、わたしと共に食事をするであろう。」
ヨハネの黙示録 3章20節

キリストとの食事によって熱くされる

黙示録 4-5章

24人の長老は、…世々限りなく生きておられる方を礼拝し、自分たちの冠を玉座の前に投げ出して言った。
ヨハネの黙示録 4章10節

冠を御前に投げ出してささげる礼拝

黙示録 6章-8章5節

…この天使に多くの香が渡された。すべての聖なる者たちの祈りに添えて、玉座の前にある金の祭壇に献げるためである。 ヨハネの黙示録 8章3節

聖徒の祈りは確かに聞き届けられる

創世記 3章1-19節

「彼はお前の頭を砕き
お前は彼のかかとを砕く。」 創世記 3章15節

人間の存続を願う神の愛

イザヤ 11章1-10節

その日が来れば
エッサイの根は
すべての民の旗印として立てられ
国々はそれを求めて集う。
そのとどまるところは栄光に輝く。 イザヤ書 11章10節

平和の王の誕生

ルカ 2章22-38節

「わたしはこの目であなたの救いを見たからです。」 ルカによる福音書 2章30節

神に期待し信じて待ち続ける

黙示録 7-9章

「救いは、玉座に座っておられるわたしたちの神と、小羊とのものである。」
ヨハネの黙示録 7章10節

人を悔い改めに導く神と小羊の憐れみ

黙示録 10章

すると、天使はわたしに言った。「受け取って、食べてしまえ。それは、あなたの腹には苦いが、口には蜜のように甘い。」
ヨハネの黙示録 10章9節

巻物を受け取って食べてしまえ

黙示録 11章

「この世の国は、我らの主と、
そのメシアのものとなった。
主は世々限りなく統治される。」 ヨハネの黙示録 11章15節

この世の国は我らの主とメシアのもの

黙示録 12-14章

そこで、雲の上に座っておられる方が、地に鎌を投げると、地上では刈り入れが行われた。
ヨハネの黙示録 14章16節

終わりのときの刈り入れと救いと裁き

黙示録 15-19章

「わたしたちは喜び、大いに喜び、
神の栄光をたたえよう。
小羊の婚礼の日が来て、
花嫁は用意を整えた。」 ヨハネの黙示録 19章7節

小羊の婚礼の日に備える花嫁

黙示録 21-22章

神は自ら人と共にいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない。
ヨハネの黙示録 21章3節~4節

新しい天と地夫のために着飾った花嫁