旧約聖書「歴代下」の聖書日課 41件

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

旧約聖書「歴代誌下」の聖書日課 41件

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 の聖書日課を章・節の順に表示。

歴代誌下 1章

その夜、神はソロモンに現れて言われた。「何事でも願うがよい、あなたに与えよう。」 歴代誌下 1章7節

何事でも願うがよい、あなたに与えよう

歴代誌下 2章

「しかし、この方のために神殿を建てる力が誰にありましょうか。天も、天の天もこの方をお納めすることができないからです。主のために神殿を建てようとするわたしは何者でしょうか。神殿はただ主の御前に香をたくためのものでしかありません。」 歴代誌下 2章5節

この小さなわたしにも

歴代誌下 3章

ソロモンはエルサレムのモリヤ山で、主の神殿の建築を始めた。そこは、主が父ダビデに御自身を現され、ダビデがあらかじめ準備しておいた所で、かつてエブス人オルナンの麦打ち場があった。 歴代誌下 3章1節

主が求めておられる礼拝

歴代誌下 4章

ソロモンはこれらすべての祭具を作ったが、それはあまりにも多く、その青銅の重さは量ることもできないほどであった。 歴代誌下 4章18節

先人の祈りと献げ物によって

歴代誌下 5章

ソロモン王は、主の神殿のために行われてきた仕事がすべて完了すると、父ダビデが聖別した物、銀、金、その他あらゆる祭具を運び入れ、神殿の宝物庫に納めた。 歴代誌下 5章1節

最初の神殿を完成させた王ソロモン

歴代誌下 5章

ソロモンは、そこでイスラエルの長老、すべての部族長、イスラエル人諸家系の首長をエルサレムに召集した。「ダビデの町」シオンから主の契約の箱を担ぎ上るためであった。 歴代誌下 5章2節

神が共におられる喜び

歴代誌下 6章

「主は約束なさったことを実現された。主が約束なさったとおり、わたしは父ダビデに代わって立ち、イスラエルの王座につき、イスラエルの神、主の御名のためにこの神殿を建てた。」 歴代誌下 6章10節

約束を実現される神

歴代誌下 1-9章

僕とあなたの民イスラエルがこの所に向かって祈り求める願いを聞き届けてください。…天から耳を傾け、聞き届けて、罪を赦してください。 歴代誌下 6章21節

神殿は罪を告白し赦される場所

歴代誌下 7章

第七の月の23日に王は民を自分たちの天幕に帰らせた。彼らは、主がダビデとソロモンとその民イスラエルになさった恵みの御業を喜び祝い、心は晴れやかであった。 歴代誌下 7章10節

晴れやかな心で

歴代誌下 8章

そのころソロモンは、前廊の前に築いた主の祭壇の上で、焼き尽くす献げ物を主にささげた。安息日、新月祭、および、年に三度の祝祭日、除酵祭、七週祭、仮庵祭に関してモーセが命じたように、日ごとの定めに従って献げ物をささげた。 歴代誌下 8章12節~13節

まことの繁栄

歴代誌下 9章

ソロモンは、エルサレムで40年間全イスラエルを治めた。ソロモンは先祖と共に眠りにつき、父ダビデの町に葬られ、その子レハブアムがソロモンに代わって王となった。 歴代誌下 9章30節~31節

神の知恵を求め続けよう

歴代誌下 10章

王は民の願いを聞き入れなかった。こうなったのは神の計らいによる。主は、かつてシロのアヒヤを通してネバトの子ヤロブアムに告げられた御言葉をこうして実現された。 歴代誌下 10章15節

王国の分裂

歴代誌下 11章

「『主はこう言われる。上って行くな。あなたたちの兄弟に戦いを挑むな。それぞれ自分の家に帰れ。こうなるように計らったのはわたしだ。』」彼らは主の言葉を聞き、ヤロブアムに向かって行くことなく帰って行った。 歴代誌下 11章4節

主の言葉に従う道

歴代誌下 12章

イスラエルの将軍たちは王と共にへりくだって言った。「主は正しい。」主は彼らがへりくだるのを御覧になった。主の言葉がシェマヤに臨んだ。
「彼らがへりくだったので、わたしは彼らを滅ぼさず、間もなく彼らに救いを与える。」 歴代誌下 12章6節~7節

神に軌道修正を迫られて

歴代誌下 13章

このとき、イスラエルの人々は屈し、ユダの人々は勝ち誇った。先祖の神、主を頼みとしたからである。 歴代誌下 13章18節

弱い時にこそ強い

歴代誌下 14章

アサは彼の神、主を呼び求めて言った。「主よ、あなたは力のある者にも無力な者にも分け隔てなく助けを与えてくださいます。わたしたちの神、主よ、わたしたちを助けてください。…あなたはわたしたちの神、主であって、いかなる人間もあなたに対抗することができません。」 歴代誌下 14章10節

神に対抗することができない

歴代誌下 15章

長い間、イスラエルにはまことの神もなく、教える祭司もなく、律法もなかった。しかし彼らは、苦悩の中でイスラエルの神、主に立ち帰り、主を求めたので、主は彼らに御自分を示してくださった。 歴代誌下 15章3節~4節

悩みの中で主に立ち帰る

歴代誌下 16章

「主は世界中至るところを見渡され、御自分と心を一つにする者を力づけようとしておられる。この事について、あなたは愚かだった。今後、あなたには戦争が続く。」 歴代誌下 16章9節

神と心を一つにする

歴代誌下 17章

主への恐れがユダを取り巻く地域の国々を襲い、ヨシャファトと戦いを交えるものはなかった。 歴代誌下 17章10節

主の憐れみの結果

歴代誌下 18章

イスラエルの王はヨシャファトに答えた。「もう一人、主の御旨を尋ねることのできる者がいます。しかし、彼はわたしに幸運を預言することがなく、いつも災いばかり預言するので、わたしは彼を憎んでいます。イムラの子ミカヤという者です。」 歴代誌下 18章7節

受け入れ難くても

歴代誌下 19章

先見者ハナニの子イエフは、ヨシャファト王の前に進み出て言った。「悪人を助け、主を憎む者の友になるとは何事ですか。そのため、主の怒りがあなたに下ります。」 歴代誌下 19章:2節

真実の友

歴代誌下 20章

彼は言った。「すべてのユダよ、エルサレムの住民とヨシャファト王よ、よく聞け。主はあなたたちにこう言われる。『この大軍を前にしても恐れるな。おじけるな。これはあなたたちの戦いではなく、神の戦いである。』」 歴代誌下 20章15節

神の戦い

歴代誌下 21章

民は、その先祖のために火をたいたようには、彼のために火をたくことをしなかった。 歴代誌下 21章19節

愚かな王の末路

歴代誌下 22章

アハズヤは42歳で王となり、1年間エルサレムで王位にあった。その母は名をアタルヤといい、オムリの孫娘であった。この母が悪い勧めを与えたので、彼もアハブの家の道を歩んだ。 歴代誌下 22章2節~3節

良い助言者を得よう

歴代誌下 23章

ヨヤダは、自分とすべての民と王との間に、主の民となる契約を結んだ。こうして、国の民は皆喜び祝った。 歴代誌下 23章16節、21節

再び主の民となる喜び

歴代誌下 24章

神の霊が祭司ヨヤダの子ゼカルヤを捕らえた。彼は民に向かって立ち、語った。「神はこう言われる。『なぜあなたたちは主の戒めを破るのか。あなたたちは栄えない。あなたたちが主を捨てたから、主もあなたたちを捨てる。』」 歴代誌下 24章20節

神の声に耳を貸さない罪

歴代誌下 25章

主はそのアマツヤに対して怒りに燃え、預言者を遣わされた。彼は王に言った。「あなたの手から自分の民を救えなかった神々を、どうしてあなたは求めるのか。」 歴代誌下 25章15節

救えない神々を求めるな

歴代誌下 26章

ウジヤは、神の驚くべき助けを得て勢力ある者となり、その名声は遠くにまで及んだ。
ところが、彼は勢力を増すとともに思い上がって堕落し、自分の神、主に背いた。 歴代誌下 26章15節~16節

思い上がりを戒める

歴代誌下 27章

ヨタムは主なる神の御前をたゆまず歩き続けたので、勢力を増すことができた。 歴代誌下 27章6節

神の前をたゆまず歩こう

歴代誌下 28章

その名をオデドという主の預言者がいて、サマリアに凱旋した軍隊の前に進み出て言った。「…今、わたしの言うことを聞き、兄弟の国から連れて来た捕虜を帰しなさい。主はあなたたちに対して激しく怒っておられる。」 歴代誌下 28章9節~11節

裁きの中の憐れみ

歴代誌下 29章

その治世の第一年の第一の月に、ヒゼキヤは主の神殿の扉を開いて修理し、…言った。「レビ人よ、聞け。今、自分を聖別し、先祖の神、主の神殿を聖別せよ。聖所から汚れを取り去れ。」 歴代誌下 29章3節~5節

閉ざされた扉を開かれる

歴代誌下 30章

ヒゼキヤは彼らのために祈って言った。「恵み深い主よ、彼らをお赦しください。彼らは聖所の清めの規定には従いませんでしたが、神、先祖の神、主を求めようと決意しているのです。」主はヒゼキヤの祈りを聞き入れ、民をいやされた。 歴代誌下 30章18節~20節

主に近づくことができる幸い

歴代誌下 31章

ツァドク家の祭司長アザルヤはこう答えた。「主の神殿に献納物の奉納が始まってから私たちは食べ物に不足はなく、むしろたくさん残ってしまうほどです。主はその民を祝福してくださいました。この大量の物が残っています。」 歴代誌下 31章10節

主にささげることの祝福

歴代誌下 32章

ヒゼキヤは病にかかり、死にそうになった。彼が主に祈ったので、主は彼にこたえ、しるしを与えられた。 歴代誌下 32章24節

涙の谷を行くときも

歴代誌下 33章

彼は苦悩の中で自分の神、主に願い、先祖の神の前に深くへりくだり、祈り求めた。神はその祈りを聞き入れ、願いをかなえられて、再び彼をエルサレムの自分の王国に戻された。こうしてマナセは主が神であることを知った。 歴代誌下 33章12節~13節

主に背く主の証人

歴代誌下 34章

ヨシヤは8歳で王となり、31年間エルサレムで王位にあった。…
主の神殿に寄せられた献金が取り出されている間に、祭司ヒルキヤがモーセによる主の律法の書を見つけ、書記官シャファンに、「わたしは主の神殿で律法の書を見つけました」と言った。 歴代誌下 34章1節、14節~15節

神殿の意味を取り戻そうとした王ヨシヤ

歴代誌下 34章

『あなたが聞いた言葉について、イスラエルの神、主はこう言われる。あなたはこの所とその住民についての主の言葉を聞いて心を痛め、神の前にへりくだり、わたしの前にへりくだって衣を裂き、わたしの前で泣いたので、わたしはあなたの願いを聞き入れた、と主は言われる。』 歴代誌下 34章26節~27節

主を畏れることは知恵の初め

歴代誌下 35章

ヨシヤの他の事績および主の律法に忠実に従った行為の数々は、初期のことも後期のことも、『イスラエルとユダの列王の書』に記されている。 歴代誌下 35章26節~27節

とこしえに変わることのない神との結びつき

歴代誌下 10-36章

こうして主がエレミヤの口を通して告げられた言葉が実現し、…その荒廃の全期間を通じて地は安息を得、70年の年月が満ちた。
歴代誌下 36章21節

罪がもたらす土地の荒廃と真の安息

歴代誌下 36章

「あなたたちの中で主の民に属する者はだれでも、上って行くがよい。神なる主がその者と共にいてくださるように。」 歴代誌下 36:23

希望の計画

歴代誌下 36章11-23節

「ペルシアの王キュロスはこう言う。
天にいます神、主は、地上のすべての国をわたしに賜った。この主がユダのエルサレムに御自分の神殿を建てることをわたしに命じられた。あなたたちの中で主の民に属する者はだれでも、上って行くがよい。神なる主がその者と共にいてくださるように。」 歴代誌下 36章23節

神殿再建に動くペルシアの王キュロス

聖書66巻から探す

過去の聖書日課を聖書別に表示しています。聖書は旧約・新約合わせて66巻あります。

旧約聖書
創世記 76件
出エジプト記 43件
レビ記 22件
民数記 37件
申命記 79件
ヨシュア記 31件
士師記 26件
ルツ記 6件
サムエル記上 39件
サムエル記下 48件
列王記上 28件
列王記下 27件
歴代誌上 32件
歴代誌下 41件
エズラ記 13件
ネヘミヤ記 28件
エステル記 14件
ヨブ記 88件
詩編 268件
箴言 46件
コヘレトの言葉 15件
雅歌 10件
イザヤ書 114件
エレミヤ書 60件
哀歌 7件
エゼキエル書 61件
ダニエル書 18件
ホセア書 18件
ヨエル書 6件
アモス書 22件
オバデヤ書 2件
ヨナ書 6件
ミカ書 11件
ナホム書 8件
ハバクク書 10件
ゼファニヤ書 7件
ハガイ書 3件
ゼカリヤ書 17件
マラキ書 5件
新約聖書
マタイによる福音書 186件
マルコによる福音書 84件
ルカによる福音書 155件
ヨハネによる福音書 164件
使徒言行録 79件
ローマの信徒への手紙 89件
コリントの信徒への手紙一 52件
コリントの信徒への手紙二 47件
ガラテヤの信徒への手紙 36件
エフェソの信徒への手紙 54件
フィリピの信徒への手紙 24件
コロサイの信徒への手紙 20件
テサロニケの信徒への手紙一 15件
テサロニケの信徒への手紙二 9件
テモテへの手紙一 24件
テモテへの手紙二 14件
テトスへの手紙 9件
フィレモンへの手紙 6件
ヘブライ人への手紙 39件
ヤコブの手紙 15件
ペトロの手紙一 24件
ペトロの手紙二 7件
ヨハネの手紙一 28件
ヨハネの手紙二 3件
ヨハネの手紙三 3件
ユダの手紙 3件
ヨハネの黙示録 47件
指定なし 0件