旧約聖書「エゼキエル」の聖書日課 49件

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

旧約聖書「エゼキエル書」の聖書日課 49件

の聖書日課を章・節の順に表示。

エゼキエル書 1章

わたしはケバル川の河畔に住んでいた捕囚の人々の間にいたが、そのとき天が開かれ、わたしは神の顕現に接した。…主の言葉が祭司ブジの子エゼキエルに臨み、また、主の御手が彼の上に臨んだ。 エゼキエル書 1章1節、3節

主が私たちと共におられる

エゼキエル書 2章

「人の子よ、わたしはあなたを、イスラエルの人々、わたしに逆らった反逆の民に遣わす。…たとえ彼らが聞き入れようと拒もうと、あなたはわたしの言葉を語らなければならない。彼らは反逆の家なのだ。」 エゼキエル書 2章3節、7節

主に遣わされる預言者

エゼキエル書 3章

7日の後、主の言葉がわたしに臨んだ。「人の子よ、わたしはあなたを、イスラエルの家の見張りとする。わたしの口から言葉を聞くなら、あなたはわたしに代わって彼らに警告せねばならない。」 エゼキエル書 3章16節~17節

信教の自由と預言者の務め

エゼキエル書 3章

「人の子よ、わたしはあなたを、イスラエルの家の見張りとする。わたしの口から言葉を聞くなら、あなたはわたしに代わって彼らに警告せねばならない。」 エゼキエル書 3章17節

見張りの務め

エゼキエル書 4-5章

左脇を下にして横たわり、イスラエルの家の罪を負いなさい。あなたは横たわっている日の数だけ、彼らの罪を負わなければならない。 エゼキエル書 4章4節

背きの罪を担われる御方

エゼキエル書 6章

「しかし、お前たちが諸国に散らされるとき、わたしはお前たちのために、剣を逃れた者を諸国民の間に残しておく。お前たちのうちで逃れた者は、捕囚として連れ去られる先の国々でわたしを思い起こす。わたしを離れ去る姦淫の心と、偶像にひかれる姦淫の目をわたしが打ち砕くからだ。」 エゼキエル書 6章8節~9節

残りの者を残す

エゼキエル書 7章

終わりが来る。地の四隅に終わりが来る。今こそ終わりがお前の上に来る。わたしは怒りを送り、お前の行いに従って裁き、忌まわしいすべてのことをお前に報いる。 エゼキエル書 7章2節~3節

神のなだめの供え物

エゼキエル書 8章

「人の子よ、見たか。ユダの家がここで数々の忌まわしいことを行っているのは些細なことであろうか。彼らはこの地を不法で満たした。」 エゼキエル書 8章17節

見たか、神の栄光に照らされる人間の暗闇を

エゼキエル書 9章

主は彼に言われた。「都の中、エルサレムの中を巡り、その中で行われているあらゆる忌まわしいことのゆえに、嘆き悲しんでいる者の額に印を付けよ。」 エゼキエル書 9章4節

その印には、神の慈しみの色が滲む

エゼキエル書 10-11章

「主なる神はこう言われる。『確かに、わたしは彼らを遠くの国々に追いやり、諸国に散らした。しかしわたしは、彼らが行った国々において、彼らのためにささやかな聖所となった。』」 エゼキエル書 11章16節

主の栄光は民の日々を照らす

エゼキエル書 12章

「あなたは言わねばならない。『わたしは、あなたたちのためのしるしである。わたしがやって見せたようなことが、彼らに起こる。彼らは捕囚として、捕囚の地へ行く。彼らの中の首長も、暗闇の中で荷物を肩に担ぎ、壁に運び出すための穴をうがって出て行く。彼は目でこの土地を見ないように顔を覆う。』」 エゼキエル書 12章11節~12節

奇異な行為に神の恩寵が潜む

エゼキエル書 13章

「平和がないのに、彼らが『平和だ』と言ってわたしの民を惑わすのは、壁を築くときに漆喰を上塗りするようなものだ。漆喰を上塗りする者に言いなさい。『それは、はがれ落ちる』と。豪雨が襲えば、雹よ、お前たちも石のように落ちてくるし、暴風も突如として起こる。」 エゼキエル書 13章10節~11節

偽りではなく

エゼキエル書 13章

「平和がないのに、彼らが『平和だ』と言ってわたしの民を惑わすのは、壁を築くときに漆喰を上塗りするようなものだ。漆喰を上塗りする者に言いなさい。『それは、はがれ落ちる』と。」 エゼキエル書 13章10節~11節

真実を指さす言葉に耐える

エゼキエル書 14章

「お前たちは彼らの歩みと行いを見るとき、わたしがエルサレムにくだした災い、わたしがそこに臨ませたすべてのことについて慰められる。お前たちは、彼らの歩みと行いとを見て、それによって慰められ、わたしがそこで行ったすべてのことは、理由なく行ったのではないことを知るようになる」 エゼキエル書 14章22節~23節

生きてきたこと、それ自体に慰めがある

エゼキエル書 15章

「主なる神はこう言われる。わたしが薪として火に投げ込んだ、森の木の中のぶどうの木のように、わたしはエルサレムの住民を火に投げ入れる。…わたしはこの地を荒廃させる。彼らがわたしに不信を重ねたからである」と主なる神は言われる。 エゼキエル書 15章6節、8節

薪として火に投げ込まれる

エゼキエル書 16章

「だが、わたしは、お前の若い日にお前と結んだわたしの契約を思い起こし、お前に対して永遠の契約を立てる。…わたしがお前と契約を立てるとき、お前はわたしが主であることを知るようになる。」 エゼキエル書 16章60節、62節

だが、永遠の契約を立てる

エゼキエル書 17章

主なる神はこう言われる。わたしは高いレバノン杉の梢を切り取って植え、その柔らかい若枝を折って、高くそびえる山の上に移し植える。イスラエルの高い山にそれを移し植えると、それは枝を伸ばし実をつけ、うっそうとしたレバノン杉となり、あらゆる鳥がそのもとに宿り、翼のあるものはすべてその枝の陰に住むようになる。 エゼキエル書 17章22節~23節

イスラエル再興の約束

エゼキエル書 18章

「罪を犯した本人が死ぬのであって、子は父の罪を負わず、父もまた子の罪を負うことはない。正しい人の正しさはその人だけのものであり、悪人の悪もその人だけのものである。」 エゼキエル書 18章20節

身代わりになることができる方

エゼキエル書 18章

悪人であっても、もし犯したすべての過ちから離れて、わたしの掟をことごとく守り、正義と恵みの業を行うなら、必ず生きる。死ぬことはない。彼の行ったすべての背きは思い起こされることなく、行った正義のゆえに生きる。わたしは悪人の死を喜ぶだろうか、と主なる神は言われる。 エゼキエル書 18章21節~23節

あなたは責任転嫁をしていないか

エゼキエル書 19章

今や、その木は
荒れ野に、乾いた水なき地に
移し植えられた。
また、若枝の茂る太い枝から
火が出て、実を焼き尽くした。
それゆえ、この木には
支配者の杖となる強い枝はなくなった。
この歌は悲しみの歌。
悲しみの歌としてうたわれた。 エゼキエル書 19章13節~14節

悲しみの歌

エゼキエル書 20章

わたしが、先祖に与えると誓った地、イスラエルの土地に導き入れるとき、お前たちはわたしが主であることを知るようになる。その所で、お前たちは自分の歩んだ道、自分を汚したすべての行いを思い起こし、自分の行ったあらゆる悪のゆえに自分を嫌悪するようになる。 エゼキエル書 20章42節~43節

神の愛を知るとき、神の前の自分を知る

エゼキエル書 21章

それは試みを経たものである。もし、それが侮る杖でないとしたら、一体何であろう、と主なる神は言われる。 エゼキエル書 21章18節

神から試みられるとき

エゼキエル書 22章

この地を滅ぼすことがないように、わたしは、わが前に石垣を築き、石垣の破れ口に立つ者を彼らの中から探し求めたが、見いだすことができなかった。 エゼキエル書 22章30節

破れ口に立つ者

エゼキエル書 23章

主の言葉がわたしに臨んだ。「人の子よ、かつて二人の女性がいた。彼女たちは同じ母の娘であった。…彼女たちの名は、姉はオホラ、妹はオホリバといった。彼女たちはわたしのものとなり、息子、娘たちを産んだ。彼女たちの名前であるオホラはサマリア、オホリバはエルサレムのことである。」 エゼキエル書 23章1節~2節,4節

オホラとオホリバ

エゼキエル書 24章

「エゼキエルは、お前たちにとってしるしとなる。すべて彼が行ったように、お前たちもするであろう。すべてが実現したとき、お前たちは、わたしが主なる神であることを知るようになる。」 エゼキエル書 24章24節

わたしが神であることを知るようになる

エゼキエル書 25章

主の言葉がわたしに臨んだ。「人の子よ、顔をアンモン人に向けて、彼らに預言せよ。アンモン人に言いなさい。主なる神の言葉を聞け、主なる神はこう言われる。」 エゼキエル書 25章1節~3節

主なる神はこう言われる

エゼキエル書 26章

「人の子よ、ティルスがエルサレムを嘲る。『ああ、諸国民の門であったお前は打ち破られ、わたしのものになった。わたしは富み、お前は廃れる。』」 エゼキエル書 26章2節

打算の罪に対する裁き

エゼキエル書 27章

お前の富、商品、物品、船乗り、水夫、水漏れを繕う者、物品を交換する者、船上のすべての戦士、すべての乗組員たちは、お前が滅びる日に海の真ん中に沈む。 エゼキエル書 27章27節

豪華商船の沈没

エゼキエル書 28章

「お前は自分を殺す者の前でもなお、『わたしは神だ』と言い張るのか。お前は人であって、神ではなく、切り倒す者の手にある。」 エゼキエル書 28章9節

高慢を裁かれる神

エゼキエル書 29章

「その日、わたしはイスラエルの家のために一つの角を生えさせ、彼らの間にあってその口を開かせる。そのとき、彼らはわたしが主であることを知るようになる。」 エゼキエル書 29章21節

真に頼るべき方

エゼキエル書 30章

「主なる神はこう言われる。
泣き叫べ、ああ、その日は災いだ。
その日は近い。主の日は近い。
それは密雲の日、諸国民の裁きの時である。
剣がエジプトに臨み、戦慄がクシュを襲う。」 エゼキエル書 30章2節-4節

剣を奪い与える方

エゼキエル書 31章

「大枝には空のすべての鳥が巣を作り
若枝の下では野のすべての獣が子を産み
多くの国民が皆、その木陰に住んだ。」 エゼキエル書 31章6節

鳥が巣を作る木

エゼキエル書 32章

「陰府の中から、最も強い勇士たちが
エジプトとその同盟者たちに語る
割礼のない者、剣で殺された者たちは
下ってきてそこに横たわる、と。」 エゼキエル書 32章21節

割礼なき者の滅び

エゼキエル書 33章

わたしは悪人が死ぬのを喜ばない。むしろ、悪人がその道から立ち帰って生きることを喜ぶ。立ち帰れ、立ち帰れ、お前たちの悪しき道から。イスラエルの家よ、どうしてお前たちは死んでよいだろうか。 エゼキエル書 33章11節

今、悔い改めることの大切さ

エゼキエル書 34章

まことに、主なる神はこう言われる。見よ、わたしは自ら自分の群れを探し出し、彼らの世話をする。…わたしは失われたものを尋ね求め、追われたものを連れ戻し、傷ついたものを包み、弱ったものを強くする。しかし、肥えたものと強いものを滅ぼす。わたしは公平をもって彼らを養う。 エゼキエル書 34章11節、16節

神ご自身が世話をする

エゼキエル書 35章

お前たちはわたしに向かって大口をたたき、わたしに向かって多くの言葉を重ねた。わたしはそれを聞いた。 エゼキエル書 35章13節

神は聞いておられる

エゼキエル書 36章

わたしはお前たちに新しい心を与え、お前たちの中に新しい霊を置く。わたしはお前たちの体から石の心を取り除き、肉の心を与える。 エゼキエル書 36章26節

新しい心が与えられる

エゼキエル書 37章

「霊に預言せよ。人の子よ、預言して霊に言いなさい。主なる神はこう言われる。霊よ、四方から吹き来れ。霊よ、これらの殺されたものの上に吹きつけよ。そうすれば彼らは生き返る。」
わたしは命じられたように預言した。すると、霊が彼らの中に入り、彼らは生き返って自分の足で立った。 エゼキエル書 37章9節~10節

枯れた骨の復活

エゼキエル書 38章

お前はわが民イスラエルに向かって、地を覆う雲のように上って来る。そのことは、終わりの日に起こる。わたしはお前を、わたしの地に連れて来る。それは、ゴグよ、わたしが国々の前で、お前を通して自分の聖なることを示し、彼らがわたしを知るようになるためである。 エゼキエル書 38章16節

神がすべてを支配しておられる

エゼキエル書 39章

国々は、イスラエルの家がわたしに不信の行為を行ったために捕囚となったこと、また、わたしが顔を隠し、彼らを敵の手に渡したため、彼らは皆、剣に倒れたことを知るようになる。 エゼキエル書 39章23節

神に力不足はない

エゼキエル書 40章

その人はわたしに向かって言った。「人の子よ、自分の目で見、自分の耳で聞き、わたしがこれから示す、すべてのことを心に留めなさい。あなたがここに連れて来られたのは、それを示すためです。あなたが見ることを、すべてイスラエルの家に告げなさい。」 エゼキエル書 40章4節

新しい神殿の幻

エゼキエル書 41-42章

更に、拝殿の奥の面まで奥行きを測ると20アンマ、その横幅も20アンマであった。そして彼はわたしに、「ここが至聖所である」と言った。 エゼキエル書 41章4節

神に近づくことのできる幸い

エゼキエル書 43章

見よ、イスラエルの神の栄光が、東の方から到来しつつあった。…主の栄光は、東の方に向いている門から神殿の中に入った エゼキエル書 43章2節、4節

回復された神殿としての教会

エゼキエル書 44章

イスラエルの子らが迷って、わたしから離れたとき、わたしの聖所の務めを守ったレビ人の祭司であるツァドクの子孫は、わたしに近づき仕えることができる。…彼らはわたしの聖所に入ることができる。 エゼキエル書 44章15節~16節

回復された祭司としての私たち

エゼキエル書 45章

イスラエルの君主たちよ、もう十分だ。
不法と強奪をやめよ。
正義と恵みの業を行い
わが民を追い立てることをやめよと
主なる神は言われる。
「あなたたちは、正確な天秤、正確なエファ升、正確なバト升を用いなさい。」 エゼキエル書 45章9節~10節

正しく量る

エゼキエル書 45章

あなたは、誤って罪を犯した者、また知らないで罪を犯した者のために、同じようにして神殿を清めねばならない。 エゼキエル書 45章20節

教会が回復されるために

エゼキエル書 46章

あなたは、朝ごとに無傷の1歳の小羊1匹を、日ごとの焼き尽くす献げ物として、主にささげねばならない。朝ごとに、それをささげねばならない。 エゼキエル書 46章13節

回復された神の民の生活

エゼキエル書 47章

川が流れて行く所ではどこでも、群がるすべての生き物は生き返り、魚も非常に多くなる。この水が流れる所では、水がきれいになるからである。この川が流れる所では、すべてのものが生き返る。 エゼキエル書 47章9節

永遠の命に至る水

エゼキエル書 48章

彼らはイスラエルの子らが迷ったとき、レビ人たちが迷ったように迷うことなく、わたしの務めを守った。…この都の名は、その日から、「主がそこにおられる」と呼ばれる。 エゼキエル書 48章11節、35節

神の都には

聖書66巻から探す

過去の聖書日課を聖書別に表示しています。聖書は旧約・新約合わせて66巻あります。

旧約聖書
創世記 60件
出エジプト記 32件
レビ記 16件
民数記 25件
申命記 37件
ヨシュア記 25件
士師記 20件
ルツ記 4件
サムエル記上 32件
サムエル記下 2件
列王記上 1件
列王記下 1件
歴代誌上 0件
歴代誌下 0件
エズラ記 0件
ネヘミヤ記 0件
エステル記 1件
ヨブ記 2件
詩編 108件
箴言 36件
コヘレトの言葉 1件
雅歌 0件
イザヤ書 69件
エレミヤ書 50件
哀歌 5件
エゼキエル書 49件
ダニエル書 12件
ホセア書 14件
ヨエル書 4件
アモス書 4件
オバデヤ書 0件
ヨナ書 0件
ミカ書 0件
ナホム書 0件
ハバクク書 0件
ゼファニヤ書 0件
ハガイ書 0件
ゼカリヤ書 0件
マラキ書 0件
新約聖書
マタイによる福音書 140件
マルコによる福音書 24件
ルカによる福音書 95件
ヨハネによる福音書 101件
使徒言行録 47件
ローマの信徒への手紙 62件
コリントの信徒への手紙一 39件
コリントの信徒への手紙二 27件
ガラテヤの信徒への手紙 23件
エフェソの信徒への手紙 41件
フィリピの信徒への手紙 18件
コロサイの信徒への手紙 17件
テサロニケの信徒への手紙一 12件
テサロニケの信徒への手紙二 6件
テモテへの手紙一 13件
テモテへの手紙二 7件
テトスへの手紙 3件
フィレモンへの手紙 4件
ヘブライ人への手紙 21件
ヤコブの手紙 12件
ペトロの手紙一 21件
ペトロの手紙二 6件
ヨハネの手紙一 14件
ヨハネの手紙二 0件
ヨハネの手紙三 0件
ユダの手紙 1件
ヨハネの黙示録 2件
指定なし 0件