リスナーからのお便り 2020年10月分

●主の御名を崇めます。初めまして。毎回、放送を感謝を持って聞かせて頂いております。特に山下先生のお話はFEBCの中でも最も心の中に深く教えられて、その時間帯は何が何でも座ってメモを取っております。ありがとうございます。20年前に牧師であった主人を天に送り、現在は専門学校の女子寮の舎監をして14年になります。
以前からお手紙をと思いながら実行できず、今日になりました。本当に皆様のご奉仕に感謝しております。皆様のため、山下先生の為にお祈りさせて頂きます。
今までのラジオでは電波のせいか全く入りませんでしたが、最近買い求めたラジオで何と聴けたのです!大喜びしました。どうぞお体大切になさって尊い主の御用のためにご活躍くださいませ。主よりの豊かな祝福を祈ります。主に在りて 広島県 Y.E.さん

●スタッフの皆様、主の御名を賛美致します。毎日の番組制作に感謝申し上げます。2020年も残り2ヶ月ほどになりました。今年の初めには新型コロナウイルスに対する新しい生活様式を強いられようとは全く思ってもみませんでした。一日も早い終息を神様に祈るばかりです。
私は仕事上、不規則な勤務ではありますが予定を調整しながら毎週日曜日に所属する教会の礼拝に出席出来ています。また、夜勤明けなどはOCCで行われているお昼の礼拝に出向いたりもしています。メッセージは超教派の牧師や時にはカトリックの神父が担当されています。私は日本キリスト教団の会員ですが、他教派の先生のメッセージには大きな学びがあります。毎朝、「ふくいんのなみ」の番組を拝聴し、メッセージに励まされております。このような大変な時期であるにも関わらず、毎日の番組制作に感謝です。これからも、ふくいんのなみスタッフの皆様のご活躍とご健康の上に神様からの慈しみが注がれますよう、イエス様のお名前によりお祈り申し上げます。千葉県 Y.T.さん

●はじめて拝聴しました。ゆるゆるとした感じなのに、内容は激アツ。不思議なきもちになりました!感謝です。千葉県 K.M.さん

●メールでのお便りで申し訳ありません。先日「キリスト教信仰の祝福」のCDプレゼントを応募させていただいたN.O.と申します。熊田なみ子さんのほほえみトークの放送を毎週楽しみにしております。このたびはプレゼントを当選させていただき、ありがとうございました。あと、ほほえみブックレットも送っていただき、ありがとうございました。「キリスト教信仰の祝福」のCDは時間がある時に聴かせていただきまして、とても勉強になります。教会もどこにあるか教えていただき、ありがとうございます。まだ聖書も全部読み終えてませんし、教会に行くための準備をしている最中であります。またお便りしたいと思います。神奈川県 N.O.さん

●いつも心に響く御言葉有難うございます。ラジオを目覚まし代わりにセットしていますので、日曜日は朝から聖書の御言葉に1週間の始まりを感じています。百人隊長のように物理的ではない神様がそこに存在しているということを思い、今日も祈ります。高知県 Y.K.さん

●水野源三さんの詩集「我が恵み 汝に足れり」を受洗のプレゼントで頂いたことを思い出しました。真っ赤な固い表紙で、丁重に取り扱わなくちゃと思うような本でした。心に残る人です。神様のお取り扱いを受けて、喜びの詩を表現されるようになってご家族も変化されたこと、あなたもあなたの家族も救われるとの意味を少し味わったものでした。
仕事の中で介護・支援が必要な方々との出会いを頂くようになり、介護者と被介護者、互いの間にキリストの愛があることが介護の大変さの中に喜びが伴うものにもなることが分かりました。それは子育ても看病も同じだと思います。
今は研究されて、瞬きもコミュニケーションツールとして一般的になってきましたが、この頃、瞬きでコミュニケーションができることを、一文字一文字を聞き取るご家族の愛の忍耐によって、知りました。ご家族も、喜びを発する源三さんのことばを聞き取るのは本当に嬉しいことだったと思います。しゃべれないから何もわからない人、ではないことの証明もしてくださったと思います。今も、偏見や誤解の中を生きておられる方がたくさんおられると思います。生活や生きる力を支えているご家庭、も。
福音の力、十字架の前に自分の罪を見ることがゆるされて、愛を知った源三さんは、その喜びを人に伝えたくて瞬きを続けたのですね。笑顔で。埼玉県 M.E.さん

Copyright (C) 2020 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.