復活信仰 | ローマの信徒への手紙 4章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

ローマの信徒への手紙 4章

死者に命を与え、存在していないものを呼び出して存在させる神を、アブラハムは信じ、その御前でわたしたちの父となったのです。ローマの信徒への手紙 4章17節

復活信仰

復活信仰とは「死者に命を与え、存在していないものを呼び出して存在させる神」を信じる信仰です。すなわち、罪と死の支配の中ではじめて生き生きと働く信仰です。信じる者が無一物になってはじめて、圧倒的な力で支える信仰です。

私たちはこの世にあって、さまざまなものに依り頼んでいます(地位や富、家庭や職場、健康等)。しかし、世と世のものは過ぎ去ります。復活信仰は、私たちがおのおのの大切なものにしがみつき、それらのものを土台としているうちはわからないでしょう。裸になって、無一物になってはじめて永遠なる神と向き合い得るということがあるでしょう。そこでこそ神の御顔がはっきりと見え、命と救いの問題が根本的なしかたで掘り下げられるということがあるでしょう。

アブラハムは裸になって神と向き合い、信仰とは人間を贖い、赦し、よみがえらせ、永遠の命に生かす神の力に依り頼むことであるとの事実を身をもってさし示しました。彼は私たちの信仰の父です。彼が得た義は、復活の主イエスへの信仰により、私たちにももたらされるものです。

木下 裕也(岐阜加納教会)