神の御心を忘れるな | マルコによる福音書 1章40-45節

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

マルコによる福音書 1章40-45節

イエスはすぐにその人を立ち去らせようとし、厳しく注意して、言われた。「だれにも、何も話さないように気をつけなさい。ただ、行って祭司に体を見せ、モーセが定めたものを清めのために献げて、人々に証明しなさい。」マルコによる福音書 1章43節~44節

神の御心を忘れるな

重い皮膚病を患っている人が主イエスの所に来て、清くなることを求めると、主イエスは「清くなれ」とお語りになり(41節)、重い皮膚病をいやしてくださいました。

病気をいやされた者、救いの宣言が与えられた者が、その喜びを人びとに伝えることは、当然のことです。そして教会は、人に証しすること、伝道することを求めます。

しかし主イエスはこのとき、「だれにも、何も話さないように」と厳しく注意され、彼が喜びをもって証しすることを拒みます。「なぜ?」と思ってしまいます。

彼がこの出来事を人びとに告げ、言い広め始めると、主イエスは公然と町に入ることができなくなりました。つまり、彼の行為により、本来の主イエスの行うべき宣教活動が滞ってしまいました。主イエスが彼に厳しく注意されたのは、そのためでした。

伝道することが自己満足のためになると、主の御業、聖霊の御業を邪魔することとなります。それでもなお、主は私たちの働きを喜び、用いてくださいます。だからこそ、主にすべてを委ねて祈りつつ、伝道の業に仕えて行くことが求められています。

辻 幸宏(大宮教会)