主にあって喜ぶ | フィレモンへの手紙

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

フィレモンへの手紙

そうです。兄弟よ、主によって、あなたから喜ばせてもらいたい。キリストによって、わたしの心を元気づけてください。フィレモンへの手紙 20

主にあって喜ぶ

監禁中のパウロの元に、オネシモという人がやって来るようになりました。実はオネシモはフィレモンの奴隷でしたが、そこから逃亡してきていたのです。どのような理由があったにせよ、当時、奴隷が逃亡することは重い罪であり、発見されれば死刑に処せられるのが一般的でした。フィレモンにとってもオネシモの逃亡事件は苦々しいものだったでしょう。

そのオネシモがパウロの元で信仰を持って大きく変わりました。その変化は、パウロがオネシモを自分の助け手として傍に置きたいと思うほどでした。しかし法律上、オネシモはフィレモンのものです。またこの二人の関係には亀裂が生じたままです。そこでパウロはフィレモンに、、オネシモをわたしと思って、また一人の人間として迎え入れてほしい、と懇願するのです。

パウロがこのようにするのは、自分自身が罪人だったにも関わらず、キリストに救われたからです。このキリストの福音に生きてほしいとフィレモンに願うのです。

キリスト者は、キリストに無償で救われたという感謝に促されて、新たな歩みを始めます。

常石 召一(大阪教会)