ペンテコステ(4)いつも共におられる神 | マタイによる福音書 28章16-20節

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

マタイによる福音書 28章16-20節

「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」マタイによる福音書 28章20節

ペンテコステ(4)いつも共におられる神

マタイ福音書は、主イエスが「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」と約束して、弟子を派遣される場面で終わります。弟子たちにインマヌエル=「神は我々と共におられる」が約束されました(マタ1章23節)。

この約束が、聖霊の働きによってペンテコステに実現しました。その後、弟子たちは、主イエスに命じられたように、すべての民をキリストの弟子にするために福音宣教に仕えたのです(マタ28章19節)。

その一人パウロは、「生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです」とまで言い切りました(ガラ2章20節)。インマヌエルは、決して抽象的な事態ではなく現実だからです。キリストがわたしのような小さな者の内に生きて、わたしを用いてくださいます。

「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」。これは、古の詩人が謳った「死の陰の谷を行くときも、わたしは災いを恐れない」への応答でもあります(詩23編4節)。私たちが福音宣教を続ける時、これほど力強い約束があるでしょうか。

新井 主一(高島平キリスト教会)