人の悪を忍耐される神 | 創世記 8章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

創世記 8章

主は宥めの香りをかいで、御心に言われた。
「人に対して大地を呪うことは二度とすまい。人が心に思うことは、幼いときから悪いのだ。わたしは、この度したように生き物をことごとく打つことは、二度とすまい。」創世記 8章21節

人の悪を忍耐される神

この世界には悪と不法が満ちています。人が人を憎み、殺します。他人事ではありません。神は私たち人間の心をご存じであり、言われました。「人が心に思うことは、幼いときから悪いのだ」。人の心は生まれながら悪の方向へと傾いています。悲しいことですが、愛する方向ではなく、憎む方向へと傾いてしまっているのです。堕落した人間全員にそのような心の腐敗と闇があります。

しかし、神はそのような人間を、そして世界を見捨てられませんでした。人の心の悪を知りながらなお、あの洪水のように世界を滅ぼし尽くすことは二度としないと約束してくださいました。なぜでしょうか。洪水から救われたノアは神のために祭壇をつくり、清い動物をささげました。神はその「宥めの香り」をかがれたのです。そして今や全く汚れのないキリストが「わたしたちを愛して、御自分を香りのよい供え物」(エフェ5章2節)としてささげてくださいました。

神は一人でも多くの者が悔い改め、キリストを信じて救われるように今も人間の悪を忍耐し、世界を保持してくださっています。

未定