幼子、乳飲み子の賛美 | 詩編 8編

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

詩編 8編

天に輝くあなたの威光をたたえます
幼子、乳飲み子の口によって。

人の子は何ものなのでしょう
あなたが顧みてくださるとは。日本聖書協会『聖書 新共同訳』 詩編 8編2節~3節、5節

幼子、乳飲み子の賛美

人とは何者なのでしょうか。誰もが、この問いを自分自身に問うたことがあるはずです。詩人は、この問いが頭をもたげる多くの場合にそうであるように、人間についての考えを深め、自分で自分を確かなものにしようとしているのではなく、ひたすら驚きをもって賛美します。

詩人は、人が神に顧みられていることに驚き、大いに喜び、賛美しています。最初の節と最後の節には、同じ賛美が繰り返されています。「主よ、わたしたちの主よ、あなたの御名は、いかに力強く、全地に満ちていることでしょう」。人の手には届かない月も星も、神が配置なさったものです。それも、それは、神の「手の業」ではなく、「指の業」であると言われます(4節)。

その神が、神に僅かに劣るものとして人を造り、神の栄光と威光とを冠としていただかせてくださり、造られたすべてのものを治めるようにさせてくださいました。

ただ、詩人は現実を知っています。旧約聖書には「人」と訳される言葉が十近くありますが、その中でも、弱く小さい存在としての人を意味する言葉を詩人は用います。

だからこそ、その賛美は、「幼子、乳飲み子」(3節)のように純粋なものなのです。

【祈り】

神様、私たちも幼子、乳飲み子のように、心から賛美する者とならせてください。

尾崎 純(光が丘キリスト教会)