野獣と一緒におられた主 | マルコによる福音書 1章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

マルコによる福音書 1章

イエスは40日間そこにとどまり、サタンから誘惑を受けられた。その間、野獣と一緒におられたが、天使たちが仕えていた。マルコによる福音書 1章13節

野獣と一緒におられた主

天からの召命の声を聞かれた主イエスは、聖霊によってすぐに荒野へと送り出され、サタンからの誘惑を受けられました。どのような誘惑だったのか。それは「野獣と一緒におられた」という言葉から推察できます。

詩編73編22節には「わたしは愚かで知識がなく、あなたに対して獣のようにふるまっていた」との告白があります。野獣とは人間性を失った人間の象徴ということができるのです。

神を知らず、神に敵対し、愛を見失い憎しみ合い傷つけ合う人間たち。それは私たち自身の姿です。私たちは誰もが皆、自分の中にある野獣性に苦しめられ、同時に野獣のような人びとに囲まれ苦しめられています。

しかしそのただ中にイエスは身を置いてくださいました。神は、野獣の住むこの世の中を、神が共にいるところとしてくださったのです。この世は見捨てられず、神の希望の場所となりました。神を知り神と交わり、人間同士が互いに愛し合うことができるところとなったのです。

常石 召一(大阪教会)