新しい掟 | ルカによる福音書 10章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

ルカによる福音書 10章

彼は答えた。「『心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、また、隣人を自分のように愛しなさい』とあります。」ルカによる福音書 10章27節

新しい掟

この十戒を使徒ヨハネは、一方で「古い掟」と言い、他方で「新しい掟」と呼んでいます(1ヨハ2章7節)。同じ内容なのに、どうして二通りの仕方で語っているのでしょうか。

確かに十戒は、イスラエルの民がエジプトから脱出した後、シナイ山でモーセを通して与えられたものです。しかし今や、それは新しい掟としてイエス・キリストによって救われた私たちに与えられました。古い掟では、私たちの罪を明らかにし、キリストの救いへと導く養育係としての役目を持っていました。しかし今、私たちはキリストの救いにあずかり、神の子どもとされた救いへの感謝の応答として、この掟を受け取ることがゆるされています。使徒パウロは、そのことを「キリストの律法」と言い換えています(ガラ6章2節)。

昨年、私たちの教会では年間標語として「神を畏れて、互いに仕え合おう」を掲げました。まさにこれは、教会とはいかなるところなのかを的確に示していると思います。主を、畏れをもって礼拝し、愛する兄弟姉妹に仕えて生きる幸いと喜びがきょうも皆さまに豊かにありますように。

山下 朋彦(平和の君伝道所)