※「問22答」を「ハイデルベルク信仰問答 問22の答」にしました | ヨハネによる福音書 20章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

ヨハネによる福音書 20章

このほかにも、イエスは弟子たちの前で、多くのしるしをなさったが、それはこの書物に書かれていない。これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである。ヨハネによる福音書 20章30節~31節

※「問22答」を「ハイデルベルク信仰問答 問22の答」にしました

ヨハネによる福音書は、主イエスが「キリスト」、すなわち約束されたメシアであるばかりでなく、父のみもとから遣わされた神の子であることも教えています。この方を信じるとは「永遠の命」を受けるということでもあります。そのことを知らせるために、聖書は書かれました。

主イエスは弟子たちの前で多くのしるしをなさいましたが、それらのことすべてがこの書物に書かれたのではありませんでした。それは、福音の中心的メッセージを伝達しようとする時、しるしすべてを書き記すことが重要ではなく、また必要でもなかったからです。聖書には、私たち人間にとってなくてはならない必要な言葉すべてが書き残されています。そして、その中心は、私たち罪人を救おうとなさる神の福音の約束です。ですから、キリスト者にとって信じるべきことは、「福音においてわたしたちに約束されていることすべて」(ハイデルベルク信仰問答 問22の答)なのです。

御言葉を通して明らかにされた「永遠の命」の約束を、私たちは信仰をもって握りしめ、力強い確信の中で感謝にあふれて、きょう一日を過ごしていきましょう。

未定