正しいまことの人、イエス | ペトロの手紙一 3章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

ペトロの手紙一 3章

キリストも、罪のためにただ一度苦しまれました。正しい方が、正しくない者たちのために苦しまれたのです。あなたがたを神のもとへ導くためです。ペトロの手紙一 3章18節

正しいまことの人、イエス

神は絶対的に正しい方ですから、罪には償いが求められます。従って、私たちが救われるためには、私たち自身が自らの罪の責任をすべて負い、償うか、あるいは、正しい誰かが、私たちに代わって罰を受け、私たちの罪を全部償ってくれる必要があります。

しかし、人には皆、生れながらに罪があるため、誰も他人の罪を償うことなどできません。ハイデルベルク信仰問答 問19は答えます。「神の義は、罪を犯した人間自身が、その罪を償うことを求めていますが、自ら罪人であるような人が他の人の償いをすることなどできない」と。

では、私たちには絶望しかないのでしょうか。いいえ、ここに福音があります!

全く罪のない正しいまことの人、イエス・キリストが、地獄の刑罰ともいえる苦しみを、十字架で受けてくださいました。それは、ただただ私たちのためでした。「正しい方が、正しくない者たちのために苦しまれたのです。あなたがたを神のもとへ導くためです」。

御子イエスは、私たち罪人に代わって、苦しむために、まことの人となって世に来られたのです。何という主の愛でしょう!主よ、御名を賛美し、あなたを愛します。

未定