わたしたちこそ、主をたたえよう | 詩編 115編

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

詩編 115編

偶像を造り、それに依り頼む者は
皆、偶像と同じようになる。日本聖書協会『聖書 新共同訳』 詩編 115編8節

わたしたちこそ、主をたたえよう

古代社会では、戦争はそれぞれの国の守り神どうしの戦いと考えられていました。バビロンへ捕囚となったイスラエルの人びとは、国の守り神が負けたことになり、バビロン人から「彼らの神はどこにいる」(2節)と笑われました。

しかし詩人は、諸国の神々は偶像にすぎないと、言い切ります。敗戦は神のご計画の上であって、自分たちへの刑罰かもしれない。これによって神は、私たちに大きなことを教えようとしておられるのだ、と信仰を表明します。

4~8節の偶像をあざける一まとまりは、当時の慣用句として用いられたものでしょう(参照:詩135編15~18節)。足、口、目、耳、鼻、手、喉がいくら偶像にあっても、それらは全く役に立ちません。

そして、もっと恐ろしいことは、「偶像を造り、それに依り頼む者は、皆、偶像と同じようになる」ことです。偶像礼拝者の口は役に立たず、彼らの祈りは、天地の創造主に届くことがありません。

「主を賛美するために民は創造された」(102編19節)のですから、きょうの主の日、「わたしたちこそ、主をたたえよう」(18節)。

立石 章三(横浜中央教会)