こころみにあわせず | コリントの信徒への手紙二 12章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

コリントの信徒への手紙二 12章

また、あの啓示された事があまりにもすばらしいからです。それで、そのために思い上がることのないようにと、わたしの身に一つのとげが与えられました。それは、思い上がらないように、わたしを痛めつけるために、サタンから送られた使いです。この使いについて、離れ去らせてくださるように、わたしは三度主に願いました。日本聖書協会『聖書 新共同訳』 コリントの信徒への手紙二 12章7節~8節

こころみにあわせず

使徒パウロにサタンから使いが送られました。パウロには、それはとげのように邪魔でした。体に負っていた自分の病気をとげと呼んだのです。それがなければ神のためにもっと働くことができるとパウロは思ったはずです。

パウロは、神にこのとげを取り除いてくださいと三度祈りました。三度というのは、「完全に、心を尽くして」という意味です。主イエスが「私たちを誘惑に遭わせず、悪い者から救ってください」と祈るように教えられたからです。「誘惑」という言葉は「試練」とも訳されます。

すると主は言われました。「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」と(9節)。サタンからの誘惑、試練に、パウロは祈りによって勝利しました。

この後、とげが刺さったままのパウロは十分な伝道ができなかったでしょうか。そうではないと思います。苦しみを知る人が救われたなら、苦しみの中にある隣人に対してますます目が開かれることでしょう。神を知らず絶望している人に希望を伝える者とされたに違いありません。

西堀 元(熊本伝道所)