キリストとの出会い | ヨハネによる福音書 1章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

ヨハネによる福音書 1章

その翌日、ヨハネは、自分の方へイエスが来られるのを見て言った。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ。『わたしの後から一人の人が来られる。その方はわたしにまさる。わたしよりも先におられたからである』とわたしが言ったのは、この方のことである。」ヨハネによる福音書 1章29節~30節

キリストとの出会い

人びとに悔い改めを説き、洗礼を授けていたヨハネの周りには多くの人が群がり、彼の弟子になる者たちも出てきました。しかし、ヨハネは自らに与えられた「証人」という使命を忘れることはありませんでした。

彼は近づいて来られる主イエスを見て「世の罪を取り除く神の小羊だ」と宣言しました。さらに、主イエスこそわたしが予告していた人であり、わたしよりも先におられた方だと紹介しています。「先に」という言葉は、「まだこの世界に何もなかった時に、すでに存在しておられた方」ということです。

この証言によって、まず洗礼者ヨハネの弟子たちが主イエスに出会いました。その一人アンデレは、まず最初に兄のシモン(ペトロ)を主イエスのもとに連れて行きました。

ヨハネの一言があったとはいえ、この出会いは偶然だったのでしょうか。決してそうではありません。出会いは人の思いを超えた神の恵みのご計画に他なりません。私たちが導かれる礼拝も出会いであり、神の恵みに満ちた招きなのです。

坂本 紀夫(北中山伝道所)