アーメンと唱えてキリストとつながる | コリントの信徒への手紙二 1章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

コリントの信徒への手紙二 1章

わたしたちとあなたがたとをキリストに固く結び付け、わたしたちに油を注いでくださったのは、神です。神はまた、わたしたちに証印を押して、保証としてわたしたちの心に“霊”を与えてくださいました。コリントの信徒への手紙二 1章21節~22節

アーメンと唱えてキリストとつながる

「『アッバ、父よ』と叫ぶ御子の霊」に助けられて祈れるなら、力が与えられて、がんばれそうな気がします。しかし、試練の道を歩んでいるときには、祈ることすらできなくなる、というのが、弱い私たちの現実です。

きょうの御言葉の直前にこう書いてあります。「神は真実な方です。…神の約束は、ことごとくこの方において『然り』となったからです。それで、わたしたちは神をたたえるため、この方を通して『アーメン』と唱えます」(18~20節)。神はもう、イエス・キリストにおいてすべての約束を果たしてくださいました。神もイエス・キリストも真実な方、アーメンな方です。祈れなくなってしまっても、この方の言葉・この方の名によって献げられる祈りに「アーメン」と唱え、このお方につながっていさえすれば、希望は失われません。「わたしにつながっていなさい。…あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば、望むものを何でも願いなさい。そうすればかなえられる」(ヨハ15章4~7節)。祈る力(霊)がきょう再び与えられますように。

未定