ウエストミンスター小教理問答の学び 第70〜72問

第70〜72問 第七戒

問70: 第七戒はどれですか。
答:   第七戒はこれです。「あなたは姦淫してはならない」。

問71: 第七戒では、何が求められていますか。
答:   第七戒が求めている事は、心、会話、振舞において、私たち自身と隣人の貞潔を守ることです。

問72: 第七戒では、何が禁じられていますか。
答:   第七戒が禁じている事は、すべてのみだらな思い、言葉、行動です。


結婚関係の尊さ

(1) 第七戒は姦淫(既婚者が配偶者以外と男女の結びつきをすること)を禁じています。

(2) この戒めは、神様が下さった結婚の祝福を実現するための命令です。男女を創造された神様の意図は、「男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる」(創世記2:24)というものです。結婚の結びつきは親子の結びつきにまさって深く、「一体となる」と言われるような深い人格的結びつきを心身両面で達成するものです。この深い結びつきの喜びと祝福は測り知れません。
 姦淫は結婚した二人の一体性を壊して、この神の祝福を破壊する行為として禁じられているのです。

(3) また、結婚は、互いに変わらない愛と真実を誓い合って(=契約して)始められるものです。姦淫は、この契約に違反する不真実としても、罪です。「主があなたと、あなたの若い時の妻との間の、契約の証人だった」と言われる通りです(マラキ書2:14)。

結婚関係についての義務

(1) 夫婦間の愛の真実が実現されるためには、文字通りの姦淫だけではなく、結婚関係の尊さを損ない、不真面目な男女の関係へと人を誘惑する恐れのある様々な事柄(みだらな思い、言葉、行い)を慎むべきです。
 さらに、互いを喜び、愛によって心を通わせるための様々な努力が必要です。

(2) 青年であっても、結婚という真実の関係(全人格的関係)に方向付けられないような不真面目な男女の関係を慎むべきです。
 逆に、実際に結婚に至らなくても、真実の結婚関係を求める青年のすべての思いと行為は、男女を造られた主の恵みに沿うものです(異性への関心、好意、恋愛等)。

Copyright (C) 2009 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.