勇気を出せ | 使徒言行録 23章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

使徒言行録 23章

その夜、主はパウロのそばに立って言われた。「勇気を出せ。エルサレムでわたしのことを力強く証ししたように、ローマでも証しをしなければならない。」使徒言行録 23章11節

勇気を出せ

捕えられたパウロは、最高法院で取り調べを受けました。議論が沸騰し、パウロが引き裂かれてしまうのでないかと心配して、千人隊長がパウロを連れ出したほどです。一方、最高法院の外部でも、パウロを暗殺する計画が進んでいました。40人以上のユダヤ人たちが、パウロを殺すまでは飲み食いしないという誓いを立てたのです。

このようにパウロは、まさに命の危機にさらされていました。希望の見えない闇の中にいたのです。

しかし、そのような夜に、主はパウロのそばに立って言われました。「勇気を出せ。エルサレムでわたしのことを力強く証ししたように、ローマでも証しをしなければならない」。

希望の光が消えかけたかに見えた絶望的状況の中で、主イエスはパウロに「勇気を出せ」と命じられました。そして、ローマで証しすることになるという保証を与えられたのです。

見える現実には希望はありませんでした。しかし、私たちは見える現実を越えて、主の約束に生きるのです。主は言われます。「勇気を出せ!」

袴田 康裕(神戸改革派神学校)