天からの生きたパンは命の養い | ヨハネによる福音書 6章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

ヨハネによる福音書 6章

「わたしは、天から降って来た生きたパンである。このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる。わたしが与えるパンとは、世を生かすためのわたしの肉のことである。」
ヨハネによる福音書 6章51節

天からの生きたパンは命の養い

ヨハネが伝える主イエスの福音は、給食の奇跡と、贖いの死と、聖餐の教えとが混ざり合っています。

主イエスが与える食べ物とは「永遠の命に至る食べ物」、すなわち主イエスの御父が与える「天からのまことのパン」です。人々の霊的な飢え渇きを永続的に満たし得る「いのちのパン」とは、「天から降ってきた生きたパン」すなわち主イエスご自身のことです。

主イエスのもとに来て、イエスを信じた者に与えられる「命の糧」となるために、「天からのパン」は、この地で裂かれねばなりませんでした。主イエスの体が裂かれる贖いの死によってのみ、「聖餐のパン」は信者の「魂のまことの食べ物」となります。聖餐式は、ただ一度の十字架の犠牲を想起して、感謝をささげる礼典です。

パンが人間の体を養うように、裂かれたキリストの体が信者の魂を養います。ただ信仰をもってキリストの苦難と死を受け入れ、それによって罪の赦しと永遠の命を受け取るのです。

御父よ、あなたからの命のパンを食べさせ、生ける神のことばを聴かせ、我らの魂を永遠に養いたまえ。

二宮 創(太田伝道所)