主の栄光は民の日々を照らす | エゼキエル書 10-11章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

エゼキエル書 10-11章

「主なる神はこう言われる。『確かに、わたしは彼らを遠くの国々に追いやり、諸国に散らした。しかしわたしは、彼らが行った国々において、彼らのためにささやかな聖所となった。』」エゼキエル書 11章16節

主の栄光は民の日々を照らす

「主の栄光」がエルサレム神殿から去ってゆきます。敷居にとどまり、東の門の入り口に止まり、都の東にある山の上にとどまり。まるでその場所から離れることをためらうように、まるで腐敗に染まったその場所をなお愛でるようにゆっくりと、その輝きを移動させていきます。その光景を、霊に導かれ、追いかけていくエゼキエルはついに見ることになります。神殿が主の栄光を失う瞬間の幻を。民の罪がもたらした当然の帰結と、神の強いご決意を。

その光景を追いかける真っ只中でエゼキエルは聞きました。神に出会う場所としての神殿を失い、各地に散らされた民に向けられた主の約束の言葉を。「わたしは、彼らが行った国々において、彼らのためにささやかな聖所となった」。

主の栄光は民を追いかけるように散って行った先々に輝き、その日々をささやかに照らします。彼らを守るために。彼らが神をあきらめずに慕い続けるために。そしてもう一度、出会うために。

主の栄光が、この一日を照らします。その輝きに私たちは見つけるでしょう。共にあってくださる神のご決意を。