あさのことば 2022年6月 2日(木)放送

村田寿和(羽生栄光教会牧師)

村田寿和(羽生栄光教会牧師)

メッセージ: 心にかけてくださる神



 いかがお過ごしですか。羽生栄光教会の村田寿和です。
 新約聖書 ペトロの手紙一 第5章6節と7節に、こう記されています。「神の力強い御手の下で自分を低くしなさい。そうすれば、かの時には高めていただけます。思い煩いは、何もかも神にお任せしなさい。神が、あなたがたのことを心にかけていてくださるからです。」

 私たちには、いくつもの思い煩いがあります。誰にも言えずに、思い煩っている人も多いのではないでしょうか。しかし、私たちは、あらゆる思い煩いを神様にお任せしてよいのです。神様に、心の内をさらけ出してよいのです。

 イエス様は、ゲツセマネの園で、「アッバ、父よ、あなたは何でもおできになります。この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしが願うことではなく、御心に適うことが行われますように。」(マルコ14:36)と祈られました。イエス様は、「十字架の死を死にたくない」という誰にも言えない思い煩いを、神様に打ち明けられたのです。そして、お祈りの中で、神様の御心を示され、平安を与えられたのです。

 私たちが人には言えないことも、神様は受けとめてくださいます。神様は、私たち一人一人を心にかけていてくださるのです。神様は、私たちが自分を低くして、神様に依り頼むことを待っておられるのです。

Copyright (C) 2022 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.