あさのことば 2021年7月20日(火)放送

小堀昇(花小金井教会牧師)

小堀昇(花小金井教会牧師)

メッセージ: 心それは最後の砦



 皆さんお元気にお過ごしですか。私は、西武新宿線花小金井駅南口グリーンロード沿い徒歩7分、花小金井教会牧師の小堀昇と申します。どうぞ宜しくお願いいたします。

 イエス様はこのように言われました。「柔和な人々は、幸いである、その人たちは地を受け継ぐ。」マタイによる福音書の5章5節です。柔和という特質は、特に男の人にとってはあまり喜ばれる特質ではないと思います。むしろ押しが強いとか、強い方が良いと男は思われます。

 しかしこの場合の柔和というのは、当然の権利として主張できる事柄であるにもかかわらず、それを神様に対しても、人に対しても、自分に対しても弁解しない、主張しない、そういう毅然とした態度を表している御言葉、それが柔和だと聖書は語ります。いつも神が語られたことに素直に従うことを意味しているんですね。自分の無力さを認めて、弱さを認めて、自分では心の問題を解決できない。そういうふうに認めた人のことです。そんな人が柔和な人なのです。

 柔和というのは、どこまでも自分の心の中の問題です。私たちがあらゆるものを奪われても、最後に唯一残る我がものと言えば、それは心です。もっと言えば魂です。何人たりとも、その人の心まで、魂まで奪うことはできません。だから聖書はあなたの体ではなく、あなたの魂を殺すことのできる神を恐れなさい、このように語っているんですね(マタイ10:28参照)。

 自分の弱さを認めて、ありのままの自分を認めて、神様により頼んでいく者を、神は決して見捨てたもうことなく守り導いてくださるお方です。私たちもこの柔和という特質を身につけていきたいと思います。今日もこの神に信頼してご一緒に歩んでまいりましょう。

Copyright (C) 2021 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.