あさのことば 2021年5月 5日(水)放送

中山仰(田無教会牧師)

中山仰(田無教会牧師)

メッセージ: 心からなる感謝



 おはようございます。田無教会牧師、中山仰です。
 人から何かをしてもらったとき、「感謝します」という言葉が出てきます。感謝の気持ちはしてもらい続けているうちに、それが当たり前になってきたら、感謝の言葉は形式的にしかなりません。真の感謝とは、躍動的な、満ちた心からの感謝です。表面的な思いだけなら、それは本物ではないでしょう。恵みを正しく覚えるところに、その時、真の感謝が生まれます。

 聖書には「どんなことにも感謝しなさい」という使徒パウロの言葉があります(1テサロニケ5:18)。それは良い時だけでなく悪い時にもという条件つきです。そんな馬鹿なとおっしゃる方もおられるでしょう。でも、キリスト者の感謝はまさに、悪い時にも感謝し続けることです。なぜなら自分が神の敵であったときに、神の方が敵である私の救いのために神の独り子をこの世にお遣わしくださったからです。

 全面的に私の罪がイエス・キリストによって肩代わりされているということを受け止めていますから、どんな試練や困窮も当座は苦しいのですが、神さまからの試験と受け止めたり、どんな形で取り去ってくれるのかと達観できるようになります。神は愛する私たちを決して放っておかれるお方ではありません。

 感謝という言葉はラテン語で、ユーカリストといいます。ユーカリストは聖餐という意味でも使われます。聖餐はイエス・キリストの十字架の贖いによる食事を表します。キリストの恵みこそ、一番の感謝だからでしょう。

Copyright (C) 2021 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.