あさのことば 2022年9月13日(火)放送

小宮山裕一(綱島教会牧師)

小宮山裕一(綱島教会牧師)

メッセージ: 寄り添う神



 おはようございます。神奈川県横浜市にある綱島教会で牧師をしております、小宮山裕一です。よろしくお願いします。
 聖書は、この世界をお造りになった神について私たちに伝えています。この神様について、本日もお話したいと思います。

 日本語の「神」という言葉の由来は、いろいろあるようですが、自分たちよりも上の存在、という説もあるようです。上下の「かみ」ですね。政府や為政者のことを「お上」という時の「かみ」です。

 確かに、聖書によれば、神はこの世界をお造りになったお方です。この世界を造るほどの力をお持ちですから、人間とはかけ離れた存在、上にたつお方といってもよいでしょう。しかしながら、その神は、ただ上に立つお方というのではない。神は、この世界に住む私たちに寄り添ってくださるお方でもあるのです。

 神は、この世界をお造りになりました。そして、この世界に人間を造り、この世界に住むものとしてくださったのです。その世界は、「極めてよかった」といわれる世界です。本当に素晴らしい世界を、神は私たちに与えてくださったのです。この世界には、大地や空気、水、そして食べ物がありました。また、人が一人で生きるのはよくないからといって、共に生きるパートナーを与えてくださったのです。

 それが、聖書の「神」なのです。ただ、上にたつだけではない。私たちのことをきちんと養ってくださるお方なのです。

Copyright (C) 2022 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.