2022年5月14日(土) 5羽の雀

 おはようございます。ラジオ牧師の山下正雄です。
 今はまさにバードウィーク、愛鳥週間の真っ只中です。春にやってくる鳥といえば、ツバメが有名ですが、そのツバメの数も、この何年かで激減しているそうです。人間のライフスタイルが変わると、自然界の生き物までその影響を受けてしまうそうです。

 ところで、イエス・キリストの教えの中には、しばしば身近な鳥たちが題材に登場します。その中でも有名なのは、雀を題材とした話です。「5羽の雀が2アサリオンで売られているではないか。だが、その1羽さえ、神がお忘れになるようなことはない。」(ルカ12:6)

 この話の中で、雀は、1羽では値段のつけようがない鳥として登場します。人間の都合ではそうかもしれません。しかし、神のみ前ではそうではないと、キリストはおっしゃいます。1羽の雀でさえ、神の記憶にとどまるのですから、まして一人の人が、神の記憶にとどまらないはずはありません。

 恐ろしいことですが、雀をぞんざいに扱う人間は、人の命をも軽んじてしまう存在です。しかし、人からどんなにぞんざいに扱われようとも、神はあなたを覚えておられます。

 今日の聖書の言葉・・・「恐れるな。あなたがたは、たくさんの雀よりもはるかにまさっている。」ルカによる福音書12章7節


【今週のプレゼント】耳で聴く月刊誌リジョイスCD「聖書日課6月分」(全員プレゼント)
【締切】5月20日  ●申込はこちら