2021年5月15日(土) 思いがけない救い

 おはようございます。福島教会の細田眞です。
 聖書には、主イエスに救いを求めてきた人々の姿が伝えられています(以下ルカ17:11-19参照)

 主イエスの一行がサマリアとガリラヤの間を通りかかった時のことです。重い皮膚病を患っている10人が「わたしたちを憐れんでください」と叫び声を上げました。重い皮膚病の者は汚れていると見なされて、町の中に住むことができませんでした。彼らの悲しみを帯びた叫び声はあたりに響きました。

 主イエスは10人に、自分たちの体を祭司に見せるように言われました。当時は重い皮膚病は宗教的な汚れと考えられていましたから、それが癒やされたかどうかを確認するのは祭司の仕事でした。驚くべきことに、彼らはそこへ行く途中に自分たちの皮膚が清くなっていることに気づいたのです。

 ところがどうでしょう。癒やされた感謝を言うために、主イエスのもとに戻ってきたのは外国人であるサマリア人1人だったのです。他の9人は自分たちが癒やされた事実だけを認めて満足をしました。それに対してこのサマリア人は、自分の癒しに働く神に出会ったのです。ですから彼は、その驚きと喜びによって、大声で神を賛美しながら、主イエスのところに帰って来たのです。

 このサマリア人は、癒しを通して神と出会いました。そして「立ち上がって、行きなさい」と言う主イエスの御言葉と共に、新しい人生に踏み出していったのです。


【番組のプレゼント】母と子の聖書新約CD「聞かれた祈り」(5名)
【締切】5月21日  ●申込はこちら