2021年6月6日(日)神様をたたえるために

 いかがお過ごしですか。船橋高根教会の牧師の小峯明です。
 誰にでも何らかの能力が与えられています。しかし、特別に秀でたことの見当たらない人も多いかもしれません。また能力があっても生かしている人ばかりではありません。得意なことや好きなこともいつもできるわけでもありません。ボーリングのボールでサッカーはできません。同じように丸いボールですが、蹴れば足を怪我してしまいます。わたしたちの人生にも、そのようなミスマッチが起こっているかも知れません。もしそうであれば、生きづらさを感じてしまうでしょう。

 聖書には興味深い言葉が語られています。エフェソの信徒への手紙1章4節には「天地創造の前に、神はわたしたちを愛して、御自分の前で聖なる者、汚れのない者にしようと、キリストにおいてお選びになりました」とあります。わたしたちは神様に特別に選ばれて、この地上に生まれて来ました。それは何のためでしょうか。1章6節に「神がその愛する御子によって与えてくださった輝かしい恵みを、わたしたちがたたえるためです。」と続きます。

 神様の恵みをたたえるため、そして神様の栄光をたたえるために、わたしたちはイエス様において選ばれ生まれました。たたえるとは、神様に感謝し、賛美することであり、神様を礼拝することです。わたしたちは神様を礼拝するために造られた存在です。そのための道具と言ってもよいかも知れません。作られた目的のために用いないと道具は役に立ちません。わたしたちが神様を礼拝するときに、わたしたちは本来の姿を取り戻します。

 あなたもイエス様を神の子と信じて、神様を礼拝し、そしてあらためて仕事や勉強や今していることに取り組んでいくときに、輝きを回復していきます。


【今週のプレゼント】「新約聖書」新共同訳(20名)
【締切】6月12日 ●申込はこちら