死は勝利にのみ込まれた | コリントの信徒への手紙一 15章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

コリントの信徒への手紙一 15章

この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを着るとき、次のように書かれている言葉が実現するのです。
「死は勝利にのみ込まれた」。コリントの信徒への手紙一 15章54節

死は勝利にのみ込まれた

この世の中で絶対に間違いのない統計があるのをご存じでしょうか。作家のサマセット・モームは言いました。「人間の死亡率は100パーセントである」と。確かにこの世の中に不死身の人間は存在しません。そうすると、人間は、死の力に絶対に勝利することはできないのでしょうか。

主イエスも、確かに十字架で死なれました。しかし、主イエスは、3日目に死の力に勝利して復活なさいました。この主イエスを信じて死ぬ人は幸いです。死後、魂は完全に清められて、直ちに主イエスの御許に引き上げられます。そして、体は主イエスに結ばれたまま墓に埋葬されます。やがて、主イエスの再臨の時、その御力によって埋葬された体が引き起こされ、魂と結び合わされて、「朽ちないもの」、「死なないもの」とされるのです。

この復活の時、私たちは、主イエスにあって死の力に勝利できます。主イエスを信じて死ぬ者は、その死をもってすべてが終わるという可能性は0パーセントです。この驚くべき、間違いのない神の力のもとに、私たちは、地上の死の先も、主イエスの命に、永遠に生き続けます。

未定