小羊の血による生活 | ペトロの手紙一 1章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

ペトロの手紙一 1章

知ってのとおり、あなたがたが先祖伝来のむなしい生活から贖われたのは、金や銀のような朽ち果てるものにはよらず、きずや汚れのない小羊のようなキリストの尊い血によるのです。ペトロの手紙一 1章18節~19節

小羊の血による生活

神の子とされた私たちは、神の独り子であるイエス・キリストを「我らの主」と呼びます。このお方だけが、私たちにとって救い主だからです。

財産や健康は大切ですが、それが私たちを罪から救うのではありません。私たちの罪深さは、何ものをもっても解決し得ないほどに深刻で悲惨なのです。神の独り子であるイエス・キリストの「尊い血」が流されるほどに、私たちの罪は重いのです。

そもそも私たちが、私たち自身の主、神であろうとすることが罪の始まりでした。自分は自分のものである。皮肉にもこう認めれば認めるほど、私たちは不自由になっていきます。神に造られた広い世界、また、神のかたちに似せて造られた隣人が、見えなくなっていきます。

伝統もそれがただ私たちを正当化するにとどまるなら、「むなしい生活」を生み出します。本来良いものであるはずなのに、それが形だけとなり、自己批判する力がなくなるからです。

今この時、私たちの罪深さと共に、それゆえに流された十字架の御子の尊い血を思い起こしましょう。この小羊であるキリストが、私たちを導かれるのです。

未定