ウエストミンスター小教理問答の学び 第39問

第39問 神が求めておられる義務

問: 神が人に求めておられる義務は何ですか。

答: 神が人に求めておられる義務は、神の啓示された御意志に服従することです。


全体の見通し


 聖書がおもに教えているのは二つのことです(問3)。1.何を信じるべきか(問4〜38)、2.人の義務は何か(問39〜107)。
 人の義務は二つです。1.道徳的義務(問40〜81)、2.信仰的義務(問85〜107)。間の問82〜84は信仰的義務の必要についてです。
 問39は人の義務についての総論です。

啓示されたご意志と隠された御意志


 人の義務は、「神の啓示された御意志」に従うことだ、と言われています。これは「神の隠された御意志」と対照される言葉です。
(1) 神の隠された御意志: 一羽の雀でさえ神の御意志によらなければ、地に落ちることはありません。神様はすべてのことを導いておられます。この神の御意志は予め知ることはできません。起こった後で初めて神の御意志と分ります。クリスチャンはすべてを神の御意志によることと信じ、幸福には感謝し、苦難には忍耐します。

(2) 神の啓示された御意志: 神は人に服従を求めてご自分の意志を啓示されます。神と人を愛すべきであることや主イエスを信ずべきであることは、啓示された神のご意志です。

責任と平安


 人は運命の力に翻弄されることを恐れ、自分の進む道がよい道かどうかを予め知りたいと願います(占いやさまざまな思い煩いなど)。
 しかし、万事は神のご意志の下にあります。そして、人は予め神の隠れた御心を知って従わなくてよいのです。例えば結婚を決める時、恵みの神に委ね、その導きを祈りつつ、与えられた愛を土台に、自分の知恵を用いて考え、自分の責任で自分の道を選んでよいのです。
 聖書に示された神の御心に従い、神と人を愛し、主を信じて生きるなら、自分の選んだ道で苦難を味わっても、それは、人生の道を選び損ね、踏み外したしるしではありません。運命の力も神の怒りもそこには及んでいないのです。啓示されたご意志に服従するなら、人生の岐路で私たちは平安でいてよいのです。

Copyright (C) 2009 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.