あさのことば 2021年2月14日(日)放送

小堀昇(花小金井教会牧師)

小堀昇(花小金井教会牧師)

メッセージ: 神からのラブレター



 皆さんお元気にお過ごしですか。私は今週一週間、この番組を担当させて頂きます、西武新宿線花小金井駅南口徒歩7分、グリーンロード沿いにあります、花小金井教会牧師の小堀昇と申します。どうぞ宜しくお願いいたします。

 さて、今日は何の日かお分かりですか?そう皆さんよくご存じの、バレンタインデーです。この数週間ほど、多くのお店でいろんなチョコレートが売られています。そのチョコを好きな人に渡して、愛を告白する日です。私も若かりし頃、誰かくれる人はいるかなあ、楽しみに、しかし、またもらえなかったらどうしよう…ドキドキしながら待っていました。

 さて聖書66巻、創世記から黙示録まで、その全てが神様からのラブレターだといわれています。聖書は次のように語ります。「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである。」ヨハネによる福音書の3章16節から17節です。

 聖書はどこを切っても、神の愛が迸り(ほとばしり)出てくる。こう言った牧師がおりましたが、あなたが素直な心で聖書を読む時に、聖書はあなたに語りかけ、神があなたをどんなに愛しておられるか、そのことをあなたは発見することができるでしょう。

 私たちの人生80年、1回だけの人生です。わずか29200日、どうぞあなたもこの聖書を手に取ってください。そこからあなたの永遠が始まっていくのです。新しい人生が始まっていきます。どうぞあなたも聖書をお読みください。それではまたごきげんよう。

Copyright (C) 2021 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.