あさのことば 2020年5月 4日(月)放送

山下正雄(ラジオ牧師)

山下正雄(ラジオ牧師)

メッセージ: ゾンターク



 おはようございます。ラジオ牧師の山下正雄です。
 福岡県の博多では「どんたく」というお祭りがあります。「どんたく」という名前の由来は、オランダ語で「日曜日」を意味する「ゾンターク」からきていると言われています。

 日曜日というのはキリスト教会にとっては、お祭りのようなものです。イエス・キリストが日曜日に死者の中からよみがえったことを記念して、キリスト教では週の最初の日、日曜日に集まって礼拝するようになったからです。その前までは、ユダヤでは金曜日の日没から土曜日の日没までを「安息日」と呼んで、礼拝を守っていました。その習慣を変えてしまうほど、イエス・キリストの復活は大きな出来事だったということです。

 博多のお祭りが「どんたく」と呼ばれるようになったのは明治に入ってからですが、日曜日ごとに休んでこの日を祝うオランダ人たちの姿を見て、ゾンタークは祭りの日だと思ったのだとしたら、その姿ははどれほど楽し気な姿だったのだろうかと思います。週の最初の日、ゾンタークには、今も世界中のキリスト教会で礼拝が捧げられています。

 今日の聖書の言葉「主に向かって喜び歌おう。救いの岩に向かって喜びの叫びをあげよう。御前に進み、感謝をささげ 楽の音に合わせて喜びの叫びをあげよう」詩編95編1節2節

Copyright (C) 2020 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.