あさのことば 2020年5月 1日(金)放送

杉山昌樹(新座志木教会牧師)

杉山昌樹(新座志木教会牧師)

メッセージ: 神を見る



 いかがお過ごしですか。新座志木教会の杉山です。
 イエスは、弟子たちに向かって「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、私をも信じなさい」(ヨハネ14:1)と言われました。私たちは多かれ少なかれ、不安を持つものです。それは、弟子たちにしても同じでした。

 しかし、イエスは「心を騒がせるな」と言います。なぜなら、神は人間一人ひとりに居場所を用意していてくれるから、と言います。確かに私たちはいつも、居場所を捜しているところがあります。仲間がいること、受け入れてくれる人がいることは大切です。それがうまくいかずに、学校にいけない思いを抱えた人、家に帰りたくないと感じてしまっている人、逆に外に出ることがどうしてもできない人、そんな話は私たちの周りでも、普通にあって、ひょっとして他人事ではないかもしれません。

 しかし、私たちは、直接神様を見ることができません。また、神様が用意してくれているという居場所を手で触って確かめることもできません。このことについて、イエスの弟子たちもまた、不満があったようです。

 そこで一人の弟子が「神様、神様というけれども、神様を見せてくれますか?そうしたら納得します。」と言いました(同8節参照)。なかなかストレートな言い方です。これに対してイエスは、「私を見たものは父である神を見たのだ」と答えました(同9節参照)。さらに、「私がこうやって話している言葉は、神から出ている」と言われました。

 はっとする言葉です。イエスの言葉を聞いた人は、神とつながり始めるのです。そして神とつながり始める人は、イエスの言葉の中に居場所を持ち始めるのです。

Copyright (C) 2020 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.