あさのことば 2020年3月 8日(日)放送

尾崎純(光が丘キリスト教会牧師)

尾崎純(光が丘キリスト教会牧師)

メッセージ: 聖書に書かれていること



 いかがお過ごしでしょうか。最近池袋でも集会を始めた、光が丘キリスト教会の牧師、尾崎純です。
 マタイによる福音書7章12節で、キリストは「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。」と言いました。そして、それこそが聖書に書かれていることである、と言ったのです。

 「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。」これは、人に何かをしてもらった時、お返しとして人にしてあげる、ということではありません。私たちには、人にしてもらいたいことがそれぞれにありますが、実際にそれをしてもらえるかどうかは分かりませんし、キリストも、してもらったのならしてあげなさいとは言っていません。人にしてもらえたかどうかにはかかわりなく、人にしてもらいたいと思うことを人にしていくように、と勧めておられるのです。

 世の人に向かってこんなことを言ったら、どうしてそんなことをしなければいけないのかと言われるに違いありません。しかしこれは、私たちに対する神様の愛と似ています。神様は、私たちが神様を忘れたとしても、神様に不平を言ったとしても、神様を愛したとしても、神様に従ったとしても、人からどう扱われたかには関係なく、私たちを愛します。

 ですから「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。」というのは、私たちがある面で神様と重なることです。神の愛がこの私にあふれることなのです。

Copyright (C) 2020 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.