あさのことば 2020年2月 2日(日)放送

川栄智章(せんげん台教会牧師)

川栄智章(せんげん台教会牧師)

メッセージ: 目を覚ましていなさい



 いかがお過ごしでしょうか。せんげん台教会牧師の川栄智章です。
 聖書には「目を覚ましていなさい」という勧めが、何度も出てきます。終末が間もなく迫っているからです。イエス様は、人の子の再臨は「ノアの箱舟」の時と同じようだと言われました。ノアが箱舟に入るその瞬間まで人々は食べたり、飲んだり、娶ったり、嫁いだりして、洪水によって、一人残らずさらわれるまで、何も気づかなかったからです。現在、この楽しくて愉快な生活が、千年、万年と永遠に続くだろうと信じていました。イエスさまが再び来られる日もこれと全く同じです。

 再臨の日に、ラッパの号令と共に天使によって、神の民は召集され、引き上げられ、イエスさまの御許に連れていかれます。ということは、イエス様は現在、私たちから遠く離れているということです。主は復活された後、天に昇り、父なる神の右の座にお座りになられたからです。

 従って私たちは、この世にあって、聖霊によって目を覚ましながら、袋も持たず、2枚目の下着も持たず、履物も杖も一つしか持たないで、身軽な旅人の状態で、天にある真の至聖所に巡礼する旅人として生きて行きます。天国以外には、この世のどのような場所にも、安息できる場所を探し求め、そこに執着してはならないということです。「マラナタ、主よ来たりませ!」と真実に祈ることができるのは、私たちの安息は天にあり、イエスさまの御許にあるからです。

Copyright (C) 2020 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.