あさのことば 2019年8月 2日(金)放送

中山仰(田無教会牧師)

中山仰(田無教会牧師)

メッセージ: 名探偵コナン



 おはようございます。田無教会牧師の中山仰です。
 私はアニメの名探偵コナンが大好きです。ベースは探偵ものですが、凝っている仕掛けが随所にあって魅了されます。黒ずくめの軍団の手にかかり、主人公の高校生探偵工藤真一は毒薬を飲まされ、小学生に変わり果ててしまいます。

 コナンは、知り合いのアガサ博士にいろいろな道具を作ってもらい、様々な難事件を解決していきます。ここで面白いのは、子どもが大人のまま生きているという事実を視聴者である私たちが楽しんでいるということです。

 聖書では、神の子イエス・キリストがこの地上に完全な人として来てくださったといわれています。そのことは人間の頭では信じにくいことです。でも名探偵コナンの有様を見ていると、案外私たちの願望の中では「有り」なのではないかと気がつかされます。黒ずくめの軍団すなわち悪の手先を滅ぼすために、コナンが子どもになって活躍します。それはそのまま主イエス・キリストが人となり、サタンに苦しめられている私たちを解放する働きに重なってきます。

 新約聖書フィリピの信徒への手紙2章6節から8節に「キリストは神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者となられました。人間の姿で現れ、へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。」とあります。キリストは徹底的に低くなり、私たちに仕えてくださる救い主です。聖書の言葉をそのまま信じて飛び込むときに、真の解決と希望が見えてくるのです。

Copyright (C) 2019 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.