あさのことば 2019年5月 9日(木)放送

木村恭子(川越教会牧師)

木村恭子(川越教会牧師)

メッセージ: 父の葬儀

 川越教会の木村恭子です。

 私は昨年7月に父親の葬儀の司式をしました。高齢でもあったので、家族、親族を中心の小さな葬儀でした。その中にクリスチャンは3人だけ。キリスト教葬儀は初めて、賛美歌も、お祈りも初めて、という人がほとんどでした。しかし参列された方々が、真剣に、語られる聖書の言葉に耳を傾けているのがよくわかりました。

 父は、亡くなる1年前に病院のベッドで洗礼を受けました。その後礼拝に出席することは叶いませんでした。教会と共に、主にある兄弟姉妹と共に歩むという経験もできませんでした。誰かに自分の信仰を伝え、証しする、という機会もありませんでした。
 けれどその生涯の最後に、自分の親族や身近な人たちに、福音を証しして旅立っていったのだなあと、そんな風に思える葬儀でした。

 私は自分で葬儀の司式をしたので、その時は、悲しみを感じるゆとりはありませんでした。泣くこともできませんでした。けれど時がたつにつれて、父が地上にいないことのさみしさを覚えています。
 しかし、一方では、病の苦しさから解放された父が今、キリストと共にいる。そう信じることで大きな慰めを受けています。

 聖書のことば
 「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたも家族も救われます。」(使徒16:31)

コントローラ


自動再生されない方はこちらから再生(mp3形式)
Copyright (C) 2019 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.