2020年8月1日(土) あなたの心が見つめているものは

 いかがお過ごしですか。北中山教会の坂本です。
 聖書の神様は「わたしはあなたを愛している。私にとってあなたは大切なかけがえのない存在なのだよ」と、言われます。

 本当に、私たちは神様にとって、それほど大切なものなのでしょうか。それほどに愛されているのでしょうか。本当なのです。なぜなら、神様はご自分の独り子であるイエス様をこの世界に送ってくださったからです。それは、イエス様が、私たちのすべての罪を背負って、身代わりとなって十字架にかかって死んでくださるためでした。

 神様は、このイエス様によって私たちの罪を赦してくださったのです。そればかりではありません。十字架に死んだイエス様を復活させてくださり、イエス様を信じる者に復活の希望を与えてくださいました。

 神さまにこんなに愛されている、と知っても、私たちは、ついつい人と自分を比べてしまうものです。だからこそ、礼拝では、神様が、私たちをどんなに大切に思い、愛していてくださるのかを、繰り返しお話ししているのです。どうぞ、あなたの心の目を神様の方に向き変えて、神様に愛されている自分を受け入れて、あなたらしく生きてください!


【番組のプレゼント】「新約聖書」新共同訳(10名)/季刊紙「JOY!」夏号(全員プレゼント)
【締切】8月7日  ●申込はこちら