2018年11月7日(水)永遠を決定する問

 皆さんお元気にお過ごしですか。私は西武新宿線花小金井駅南口徒歩7分、グリーンロード沿い、花小金井教会牧師の小堀昇と申します。よろしくお願いいたします。

 さて今日の御言葉は、ペトロの有名な信仰告白です。
 この聖書の時代、イエス様はいったい何者なのか、度々話題になっていました。それは時の指導者たちも、群衆もそして領主ヘロデも、そして弟子たちもが「いったい、この方はどなたなのだろう。命じれば風も波も従うではないか」(ルカ8:25)このように言いました。

 「イエスは誰なのか」、これはキリスト教のエッセンスであり、2000年前におられたイエスが、あなたにとって誰なのか、「イエスとは誰なのか」これこそが、究極の問いであるということができます。

 いまの時代、多くの人々が色んな価値観を持って生きています。マナーやハウツーものの本がたくさん出ています。これは、人生をどう生きるのかということだと思います。しかし「イエスとは誰なのか」、この問いは正に、人生をどう生きるのかということを超えた、主イエス・キリストとあなたとの、一対一の人格的な関係、人格的コミットメント、突き詰めれば、1回だけの人生80年、29200日、あなたはどのように生きるのですか。そのことを問う、いえそれ以上に、永遠を問う問いであるということができると思います。

 イエス様はあなたにとって、何方でしょうか。イエス様は単なる預言者の中の一人でしょうか。宗教的天才でしょうか。それとも、世界の四大聖人の一人でしょうか。そして、それこそが、あなたの永遠を決定する究極の問いなのです。あなたにとってイエス様は、どなたですか。あなたの罪を赦し、永遠の命を与える、あなたに本当の幸せを与える、イエス・キリストこそ、真の救い主です。

 どうぞあなたも、きょうこのお方を信じて、歩んでください。それではまた、ごきげんよう。


【今週のプレゼント】版画カレンダー(全員プレゼント・一人一枚)
【締切】11月10日 ●申込はこちら