2017年11月12日(日) まことの礼拝

 いかがお過ごしでしょうか。羽生栄光教会の村田寿和です。

 今日は日曜日です。日曜日には、全世界のキリスト教会で、礼拝が行われます。
 ところで、なぜ、キリスト教会では、日曜日に集まり、礼拝をささげているのでしょうか?日曜日がお休みで集まりやすいからでしょうか?そうではありません。

 日曜日は、週の初めの日です。その週の初めの日に、イエス・キリストは死から復活されました。そして、イエス・キリストは週の初めの日に、弟子たちに現れてくださったのです。それゆえ、キリスト教会では、週の初めの日である日曜日に集まり、イエス・キリストのお名前によって、神様を礼拝するようになったのです。

 礼拝には、どなたでも出席することができます。男でも、女でも、老いていても、若くても、どの国の人であっても、神様はすべての人を礼拝へと招いておられます。神様は、人を分け隔てなさいません。神様は、人の顔を偏り見ない、依怙贔屓のないお方であるのです。

 ですから、どうぞ、あなたも、お近くのキリスト教会に足を運んでみてください。礼拝において読まれる聖書の言葉とその説き明かしである説教を通して、神様は、あなたの心に触れてくださいます。目には見えませんが、神様は霊と言葉によって、あなたと出会ってくださるのです。

 聖書の言葉、イエス・キリストの言葉。
 「疲れた者、重荷を負う者は、誰でもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」
 マタイによる福音書11章28節


【今週のプレゼント】「新約聖書」新共同訳&クリスマスカード(全員プレゼント)
【締切】11月18日  ●申込はこちら