神の言葉はますます栄え | 使徒言行録 12章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

使徒言行録 12章

ペトロは牢に入れられていた。教会では彼のために熱心な祈りが神にささげられていた。…
神の言葉はますます栄え、広がって行った。使徒言行録 12章5節、24節

神の言葉はますます栄え

ヘロデ大王の孫、ヘロデ・アグリッパ一世は、ローマ皇帝に取り入って王位を得、さらに支配民の歓心を買おうとして教会を迫害しました。こうして、使徒ヤコブは殉教します。この物語は、ヘロデが神の栄光を自らのものとして、神の裁きによって絶たれたことで結ばれます。

かつて、ヤコブとヨハネは、主イエスに、右大臣左大臣の地位を願い出ました(マコ10章37節)。使徒ヤコブは最初の殉教者となることで主の栄光をあらわし、願いにまさる光栄を得たのです。

ヘロデは、迫害を喜ぶユダヤ人を見て、使徒ペトロにも手を掛け、投獄します。教会は、ペトロのために熱心に祈りました。ペトロは、奇跡的に助けられます。ところが、祈っている教会は、この現実を信じられませんでした。彼らは、ペトロが立派に殉教するようにと祈っていたからなのでしょうか。

祈りは、しばしば私どもの思いにまさってかなえられます。なぜなら、迫害者が倒されるのもそうでないのも、殉教するのもしないのも、ただ神の栄光のため、神の言葉を栄えさせ、広げる目的によるものだからです。

相馬 伸郎(名古屋岩の上教会)