神の命を継いでいく営み | 使徒言行録 2章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

使徒言行録 2章

「この約束は、あなたがたにも、あなたがたの子供にも、遠くにいるすべての人にも、つまり、わたしたちの神である主が招いてくださる者ならだれにでも、与えられているものなのです。」使徒言行録 2章39節

神の命を継いでいく営み

この箇所は、幼児洗礼式で用いられる御言葉です。その親の信仰ゆえに、その子はまだ信仰を言い表すまでに至らなくても契約の子です。幼児洗礼は、神がアブラハムに約束された(創17章)契約信仰の実現の形です。同時に、「神の国はこのような者たちのものである」(マコ10章14節)と祝福して言われた、主イエスによる新しい恵みの契約の表れでもあります。

この時の聴衆は、説教(御言葉と聖霊)に「心を大いに打たれた」人たち(使2章37節)でした。神の扱いを受けて回心した人たち、聖霊の支配の下にある人たちでした。ペトロは、彼らに、この恵みは自分たちだけのものでないことを諭します。

この箇所でひときわ目を引くのは、「この約束は…だれにでも、与えられている」とある一文です。「神である主が招いてくださる者ならだれにでも」、「あなたがたの子供にも」、「遠くにいるすべての人にも」です。

契約の子もまた、聖霊の支配の下に置かれています。ですから、たとえ幼い子であっても、神の命を継ぐ者とされ、命を受け継ぐ営みを既に始めています。

大木 信(西鎌倉教会)