キリストの無限の赦し | マタイによる福音書 18章21-35節

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

マタイによる福音書 18章21-35節

そのとき、ペトロがイエスのところに来て言った。「主よ、兄弟がわたしに対して罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。7回までですか。」イエスは言われた。「あなたに言っておく。7回どころか7の70倍までも赦しなさい。」マタイによる福音書 18章21~22節

キリストの無限の赦し

イエス・キリストのもとには無限の罪の赦しがあります。キリストは、兄弟を赦すことにおいて、制限を設けられませんでした。

ペトロは兄弟を7度まで赦すことができたなら、キリストの弟子として満点だと考えたようです。事実、「7回までですか」との発言自体、当時としては画期的な考え方でした。しかし、キリストは、「7回どころか7の70倍までも赦しなさい」と言われました。ペトロが考えたのは、回数としての7でした。それに対してキリストが言われた7は、完全数としての7です。それだけでも完全な赦しを求められている。さらに、それを70倍と言われたのですから、これは無限の赦しを意味しています。

私たちは時に、自分はあの人を赦してあげたと誇るかもしれません。しかし、実際には真実に誰かを赦すことのできない罪人です。

キリストが無限に赦してくださっていることを忘れないようにしましょう。私たちはキリストに赦されている罪人です。感謝と謙遜さをもって歩む日々は、私たちにまたキリストの赦しの大きさに気づかせるでしょう。