風間 義信の聖書日課 16本

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る
風間 義信

風間 義信(カザマ ヨシノブ)

所属:仙台教会

風間 義信の聖書日課(日付順)

賢く振る舞う

ルカによる福音書 16章

「主人は、この不正な管理人の抜け目のないやり方をほめた。この世の子らは、自分の仲間に対して、光の子らよりも賢くふるまっている。そこで、わたしは言っておくが、不正にまみれた富で友達を作りなさい。そうしておけば、金がなくなったとき、あなたがたは永遠の住まいに迎えてもらえる。」 ルカによる福音書 16章8節~9節

立ち上がって、行きなさい

ルカによる福音書 17章

そこで、イエスは言われた。「…この外国人のほかに、神を賛美するために戻ってきた者はいないのか。」それから、イエスはその人に言われた。「立ち上がって、行きなさい。あなたの信仰があなたを救った。」 ルカによる福音書 17章17節~19節

受難の予告

ルカによる福音書 18章

「人の子は異邦人に引き渡されて、侮辱され、乱暴な仕打ちを受け、唾をかけられる。彼らは人の子を、鞭打ってから殺す。そして、人の子は3日目に復活する。」12人はこれらのことが何も分からなかった。彼らにはこの言葉の意味が隠されていて、イエスの言われたことが理解できなかったのである。 ルカによる福音書 18章32節~34節

主の名によって来られる方

ルカによる福音書 19章

「主の名によって来られる方、王に、
祝福があるように。
天には平和、
いと高きところには栄光。」 ルカによる福音書 19章38節

わたしの愛する息子を送る

ルカによる福音書 20章

「農夫たちは息子を見て、互いに論じ合った。『これは跡取りだ。殺してしまおう。そうすれば、相続財産は我々のものになる。』そして、息子をぶどう園の外にほうり出して、殺してしまった。さて、ぶどう園の主人は農夫たちをどうするだろうか。」 ルカによる福音書 20章14節~15節

心が鈍くならないように

ルカによる福音書 21章

「放縦や深酒や生活の煩いで、心が鈍くならないように注意しなさい。さもないと、その日が不意に罠のようにあなたがたを襲うことになる。」 ルカによる福音書 21章34節

いちばん偉い者とは

ルカによる福音書 22章

「あなたがたはそれではいけない。あなたがたの中でいちばん偉い人は、いちばん若い者のようになり、上に立つ人は、仕える者のようになりなさい。」 ルカによる福音書 22章26節

侮辱されるイエス

ルカによる福音書 23章

「祭司長たちと律法学者たちはそこにいて、イエスを激しく訴えた。ヘロデも自分の兵士たちと一緒にイエスをあざけり、侮辱したあげく、派手な衣を着せてピラトに送り返した。」 ルカによる福音書 23章10節~11節

復活の主によって開かれる

ルカによる福音書 24章

すると、2人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えなくなった。2人は「道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、わたしたちの心は燃えていたではないか」と語り合った。 ルカによる福音書 24章31節~32節

生きとし生けるものの神

エレミヤ書 32章

主の言葉がエレミヤに臨んだ。
「見よ、わたしは生きとし生けるものの神、主である。わたしの力の及ばないことが、ひとつでもあるだろうか。」 エレミヤ書 32章26節~27節

その御名は主

エレミヤ書 33章

主はこう言われる。創造者、主、すべてを形づくり、確かにされる方。その御名は主。「わたしを呼べ。わたしはあなたに答え、あなたの知らない隠された大いなることを告げ知らせる。」 エレミヤ書 33章2節~3節

解放の宣言

エレミヤ書 34章

わたしの契約を破り、わたしの前で自ら結んだ契約の言葉を履行しない者を、彼らが契約に際して真っ二つに切り裂き、その間を通ったあの子牛のようにする。 エレミヤ書 34章18節

主の神殿に来るように

エレミヤ書 35章

「それゆえ、イスラエルの神、万軍の主はこう言われる。わたしは、ユダとエルサレムの全住民に対して予告したとおり、あらゆる災いを送る。わたしが語ったのに彼らは聞かず、わたしが呼びかけたのに答えなかったからである。」 エレミヤ書 35章17節

主の言葉を読み聞かせる

エレミヤ書 36章

「巻物を取り、わたしがヨシヤの時代から今日に至るまで、イスラエルとユダ、および諸国について、あなたに語ってきた言葉を残らず書き記しなさい。」
エレミヤはネリヤの子バルクを呼び寄せた。バルクはエレミヤの口述に従って、主が語られた言葉をすべて巻物に書き記した。 エレミヤ書 36章2節、4節

主からあった言葉

エレミヤ書 37章

ゼデキヤ王は使者を送ってエレミヤを連れて来させ、宮廷でひそかに尋ねた。
「主から何か言葉があったか。」
エレミヤは答えた。
「ありました。バビロンの王の手にあなたは渡されます。」 エレミヤ書 37章17節

主の声に聞き従う

エレミヤ書 38章

そこで、エレミヤは言った。「いいえ、彼らに引き渡されることはありません。どうか、わたしが申し上げる主の声に聞き従ってください。必ず、首尾よくいき、あなたは生き長らえることができます。」 エレミヤ書 38章20節