未定 の聖書日課 174本

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る
未定

未定 (未定 )

所属:

未定 の聖書日課(日付順)

今年も信仰によってのみ救われる

フィリピの信徒への手紙 3章

わたしには、律法から生じる自分の義ではなく、キリストへの信仰による義、信仰に基づいて神から与えられる義があります。 フィリピの信徒への手紙 3章9節

神の律法による罪の自覚

フィリピの信徒への手紙 3章

なぜなら、律法を実行することによっては、だれ一人神の前で義とされないからです。律法によっては、罪の自覚しか生じないのです。 フィリピの信徒への手紙 3章20節

わたしはなんと惨めな人間

ローマの信徒への手紙 7章

わたしはなんと惨めな人間なのでしょう。死に定められたこの体から、だれがわたしを救ってくれるでしょうか。…わたし自身は心では神の律法に仕えていますが、肉では罪の法則に仕えているのです。 ローマの信徒への手紙 7章24節~25節

力の限り神を愛する指針

申命記 6章

あなたは心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。 申命記 6章5節

隣人を自分自身のように愛する

レビ記 19章

自分自身を愛するように隣人を愛しなさい。わたしは主である。 レビ記 19章18節

生まれつきの罪人

エフェソの信徒への手紙 2章

わたしたちも皆、こういう者たちの中にいて、以前は肉の欲望の赴くままに生活し、肉や心の欲するままに行動していたのであり、ほかの人々と同じように、生まれながら神の怒りを受けるべき者でした。 エフェソの信徒への手紙 2章3節

人は常に悪いことを思い計る

創世記 6章

主は、地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っているのを御覧になって、地上に人を造ったことを後悔し、心を痛められた。 創世記 6章5節~6節

今年も恵みによってのみ救われる

エフェソの信徒への手紙 2章

事実、あなたがたは、恵みにより、信仰によって救われました。このことは、自らの力によるのではなく、神の賜物です。行いによるのではありません。それは、だれも誇ることがないためなのです。 エフェソの信徒への手紙 2章8節~9節

人間の創造と任務

創世記 1章

神は言われた。
「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。」 創世記 1章26節

人間の回復

創世記 4章

神にかたどって造られた新しい人を身に着け、真理に基づいた正しく清い生活を送るようにしなければなりません。 創世記 4章24節

サタンとの戦い

創世記 3章

お前と女、お前の子孫と女の子孫の間に
わたしは敵意を置く。
彼はお前の頭を砕き
お前は彼のかかとを砕く。 創世記 3章15節

罪と死を超えるキリストの恵み

ローマの信徒への手紙 5章

そこで、一人の罪によってすべての人に有罪の判決が下されたように、一人の正しい行為によって、すべての人が義とされて命を得ることになったのです。 ローマの信徒への手紙 5章18節

人の悪を忍耐される神

創世記 8章

主は宥めの香りをかいで、御心に言われた。
「人に対して大地を呪うことは二度とすまい。人が心に思うことは、幼いときから悪いのだ。わたしは、この度したように生き物をことごとく打つことは、二度とすまい。」 創世記 8章21節

聖霊による新しい誕生

ヨハネによる福音書 3章

イエスは答えて言われた。「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。…だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。」 ヨハネによる福音書 3章3節~5節

今年もキリストのみが救い主

ヨハネによる福音書 8章

死んだ方、否、むしろ、復活させられた方であるキリスト・イエスが、神の右に座っていて、わたしたちのために執り成してくださるのです。だれが、キリストの愛からわたしたちを引き離すことができましょう。 ヨハネによる福音書 8章34節~35節

神にかたどって造られた人間の責任

エフェソの信徒への手紙 4章

神にかたどって造られた新しい人を身に着け、真理に基づいた正しく清い生活を送るようにしなければなりません。 エフェソの信徒への手紙 4章24節

一人の罪と一人の正しさ

ローマの信徒への手紙 5章

そこで、一人の罪によってすべての人に有罪の判決が下されたように、一人の正しい行為によって、すべての人が義とされて命を得ることになったのです。 ローマの信徒への手紙 5章18節

神は罪を決して見逃されない

詩編 5編

あなたは、決して
逆らう者を喜ぶ神ではありません。
悪人は御もとに宿ることを許されず
誇り高い者は御目に向かって立つことができず
悪を行う者はすべて憎まれます。 詩編 5編5節~6節

律法を守ることのできないわたし

ガラテヤの信徒への手紙 3章

律法の実行に頼る者はだれでも、呪われています。「律法の書に書かれているすべての事を絶えず守らない者は皆、呪われている」と書いてあるからです。 ガラテヤの信徒への手紙 3章10節

憐れみ深く、忍耐強い神

詩編 103編

主は憐れみ深く、恵みに富み
忍耐強く、慈しみは大きい。
永久に責めることはなく
とこしえに怒り続けられることはない。 詩編 103編8節~9節

神は正しく裁く方

ヘブライ人への手紙 10章

「復讐はわたしのすること、
わたしが報復する」
と言い、また、
「主はその民を裁かれる」
と言われた方を、わたしたちは知っています。 ヘブライ人への手紙 10章30節

今年も神の栄光のみを追い求める

ペトロの手紙一 4章

神のさまざまな恵みの善い管理者として、その賜物を生かして互いに仕えなさい。…それは、すべてのことにおいて、イエス・キリストを通して、神が栄光をお受けになるためです。 ペトロの手紙一 4章10節~11節

神の最高の満足

出エジプト記 23章

偽りの発言を避けねばならない。罪なき人、正しい人を殺してはならない。わたしは悪人を、正しいとすることはない。 出エジプト記 23章7節

払いきれない罪の代価

ローマの信徒への手紙 2章

神の憐れみがあなたを悔い改めに導くことも知らないで、その豊かな慈愛と寛容と忍耐とを軽んじるのですか。あなたは、かたくなで心を改めようとせず、神の怒りを自分のために蓄えています。この怒りは、神が正しい裁きを行われる怒りの日に現れるでしょう。 ローマの信徒への手紙 2章4節~5節

身代わりになることができる方

エゼキエル書 18章

「罪を犯した本人が死ぬのであって、子は父の罪を負わず、父もまた子の罪を負うことはない。正しい人の正しさはその人だけのものであり、悪人の悪もその人だけのものである。」 エゼキエル書 18章20節

生涯を取り返してくださる方

詩編 49編

神に対して、人は兄弟をも贖いえない。
神に身代金を払うことはできない。
魂を贖う値は高く
とこしえに、払い終えることはない。
人は永遠に生きようか。
墓穴を見ずにすむであろうか。 詩編 49編8節~10節

神とわたしを結ぶ方

ヘブライ人への手紙 2章

それで、イエスは、神の御前において憐れみ深い、忠実な大祭司となって、民の罪を償うために、すべての点で兄弟たちと同じようにならねばならなかったのです。 ヘブライ人への手紙 2章17節

神との平和を創り出す方

イザヤ書 9章

ひとりの男の子がわたしたちに与えられた。
権威が彼の肩にある。
その名は、「驚くべき指導者、力ある神
永遠の父、平和の君」と唱えられる。
ダビデの王座とその王国に権威は増し
平和は絶えることがない。 イザヤ書 9章5節~6節

ナボトのぶどう畑

列王記上 21章

ナボトはアハブに、「先祖から伝わる嗣業の土地を譲ることなど、主にかけてわたしにはできません」と言った。 列王記上 21章3節

正しいまことの人、イエス

ペトロの手紙一 3章

キリストも、罪のためにただ一度苦しまれました。正しい方が、正しくない者たちのために苦しまれたのです。あなたがたを神のもとへ導くためです。 ペトロの手紙一 3章18節

まことの神、イエス

ヨハネによる福音書 3章

神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。 ヨハネによる福音書 3章16節

完全な仲保者イエス

テモテへの手紙一 2章

神は唯一であり、神と人との間の仲介者も、人であるキリスト・イエスただおひとりなのです。 テモテへの手紙一 2章5節

悪魔の頭を砕く主イエス

創世記 3章

「お前と女、お前の子孫と女の子孫の間に
わたしは敵意を置く。
彼はお前の頭を砕き
お前は彼のかかとを砕く。」 創世記 3章15節

身代りの犠牲-イエス-

レビ記 1章

牛を焼き尽くす献げ物とする場合には、無傷の雄をささげる。奉納者は…臨在の幕屋の入り口にそれを引いて行き、手を献げ物とする牛の頭に置くと、それは、その人の罪を贖う儀式を行うものとして受け入れられる。 レビ記 3章4節

神の時が満ちて

ガラテヤの信徒への手紙 4章

時が満ちると、神は、その御子を女から、しかも律法の下に生まれた者としてお遣わしになりました。 ガラテヤの信徒への手紙 4:4

神を畏れる

ペトロの手紙一 2章

すべての人を敬い、兄弟を愛し、神を畏れ、皇帝を敬いなさい。 ペトロの手紙一 2章17節

狭い門から入りなさい

マタイによる福音書 7章

「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見いだす者は少ない。」 マタイによる福音書 7章13節~14節

信頼して大胆に出て行く

マルコによる福音書 5章

さて、ここに12年間も出血の止まらない女がいた。…イエスのことを聞いて、群衆の中に紛れ込み、後ろからイエスの服に触れた。「この方の服にでも触れればいやしていただける」と思ったからである。 マルコによる福音書 5章25節~2節8

聖書はイエスを証しするもの

マルコによる福音書 5章

「あなたたちは聖書の中に永遠の命があると考えて、聖書を研究している。ところが、聖書はわたしについて証しをするものだ。」 マルコによる福音書 5章39節

あなたにこのことを現したのは

マタイによる福音書 16章

シモン・ペトロが、「あなたはメシア、生ける神の子です」と答えた。すると、イエスはお答えになった。「シモン・バルヨナ、あなたは幸いだ。あなたにこのことを現したのは、人間ではなく、わたしの天の父なのだ。」 マタイによる福音書 16章16節~17節

新しく神に造られたもの

エフェソの信徒への手紙 2章

なぜなら、わたしたちは神に造られたものであり、しかも、神が前もって準備してくださった善い業のために、キリスト・イエスにおいて造られたからです。わたしたちは、その善い業を行って歩むのです。 エフェソの信徒への手紙 2章10節

※「問22答」を「ハイデルベルク信仰問答 問22の答」にしました

ヨハネによる福音書 20章

このほかにも、イエスは弟子たちの前で、多くのしるしをなさったが、それはこの書物に書かれていない。これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである。 ヨハネによる福音書 20章30節~31節

宣教に生きる教会

ヨハネによる福音書 28章

「あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」 ヨハネによる福音書 28章20節

三位一体と使徒信条

ヨハネによる福音書 15章

わたしが父のもとからあなたがたに遣わそうとしている弁護者、すなわち、父のもとから出る真理の霊が来るとき、その方がわたしについて証しをなさるはずである。 ヨハネによる福音書 15章26節

三位一体と信仰生活

エフェソの信徒への手紙 4章

主は一人、信仰は一つ、洗礼は一つ、すべてのものの父である神は唯一であって、すべてのものの上にあり、すべてのものを通して働き、すべてのものの内におられます。 エフェソの信徒への手紙 4章5節

三位一体と洗礼

エフェソの信徒への手紙 28章

彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。 エフェソの信徒への手紙 28章19節~20節

三位一体と交わり

コリントの信徒への手紙二 13章

主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが、あなたがた一同と共にあるように。 コリントの信徒への手紙二 13章13節

三位一体と信徒の交わり

ヨハネによる福音書 17章

あなたがくださった栄光を、わたしは彼らに与えました。わたしたちが一つであるように、彼らも一つになるためです。 ヨハネによる福音書 17章22節

三位一体と宣教

ルカによる福音書 4章

「主の霊がわたしの上におられる。
貧しい人に福音を告げ知らせるために、
主がわたしに油を注がれたからである。」 ルカによる福音書 4章18節

神の言葉はつながれていない

テモテへの手紙二 2章

この福音のためにわたしは苦しみを受け、ついに犯罪人のように鎖につながれています。しかし、神の言葉はつながれていません。 テモテへの手紙二 2章9節

偶像を離れ、創造主に立ち帰れ

使徒言行録 14章

「あなたがたが、このような偶像を離れて、生ける神に立ち帰るように、わたしたちは福音を告げ知らせているのです。この神こそ、天と地と海と、そしてその中にあるすべてのものを造られた方です。」 使徒言行録 14章15節

地球を丸ごと養われる神

詩編 104編

彼らはすべて、あなたに望みをおき
ときに応じて食べ物をくださるのを待っている。 詩編 104編27節

パパ!

ガラテヤの信徒への手紙 4章

あなたがたが子であることは、神が、「アッバ、父よ」と叫ぶ御子の霊を、わたしたちの心に送ってくださった事実から分かります。 ガラテヤの信徒への手紙 4章6節

野の花の喜び

マタイによる福音書 6章

「なぜ、衣服のことで思い悩むのか。野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。」
マタイによる福音書 6章28節

万事が益となるように

ローマの信徒への手紙 8章

神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを、わたしたちは知っています。
ローマの信徒への手紙 8章28節

人が笑い、神も笑う

創世記 18章

サラは恐ろしくなり、打ち消して言った。「わたしは笑いませんでした。」主は言われた。「いや、あなたは確かに笑った。」 創世記 18章15節

命に至る道

ルカによる福音書 22章

「しかし、あなたがたはそれではいけない。あなたがたの中でいちばん偉い人は、いちばん若い者のようになり、上に立つ人は、仕える者のようになりなさい。」 ルカによる福音書 22章26節

全能の神の前で

エレミヤ書 23章

わたしはただ近くにいる神なのか、と主は言われる。
わたしは遠くからの神ではないのか。
誰かが隠れ場に身を隠したなら
わたしは彼を見つけられないと言うのかと
主は言われる。
天をも地をも、わたしは満たしているではないかと
主は言われる。 エレミヤ書 23章23節~24節

御自分を証しする主

使徒言行録 14章

「しかし、神は御自分のことを証ししないでおられたわけではありません。恵みをくださり、天からの雨を降らせて実りの季節を与え、食物を施して、あなたがたの心を喜びで満たしてくださっているのです。」 使徒言行録 14章17節

この世において偶然などない

箴言 16章

くじは膝の上に投げるが
ふさわしい定めはすべて主から与えられる。 箴言 16章33節

この世において偶然などない

箴言 16章

くじは膝の上に投げるが
ふさわしい定めはすべて主から与えられる。 箴言 16章33節

すべてが御手によって

マタイによる福音書 10章

「2羽の雀が1アサリオンで売られているではないか。だが、その1羽さえ、あなたがたの父のお許しがなければ、地に落ちることはない。」 マタイによる福音書 10章29節

逆境においては忍耐強く

ヨブ記 1章

「わたしは裸で母の胎を出た。
裸でそこに帰ろう。
主は与え、主は奪う。
主の御名はほめたたえられよ。」
このような時にも、ヨブは神を非難することなく、罪を犯さなかった。 ヨブ記 1章21節~22節

引き離せない神の愛

ローマの信徒への手紙 8章

死も、命も、…他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです。 ローマの信徒への手紙 8章38節~39節

ディアコニアに進むために

ルカによる福音書 10章

主はお答えになった。「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。しかし、必要なことはただ一つだけである。」 ルカによる福音書 10章41節~42節

ご自分の民を罪から救う

マタイによる福音書 1章

マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。 マタイによる福音書 1章21節

ほかに救い主はない

イザヤ書 43章

わたし、わたしが主である。
わたしのほかに救い主はない。 イザヤ書 43章11節

わたしはぶどうの木

ヨハネによる福音書 15章

わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。 ヨハネによる福音書 15章5節

パウロにつく、アポロにつく

コリントの信徒への手紙一 1章

あなたがたはめいめい、「わたしはパウロにつく」「わたしはアポロに」「わたしはケファに」「わたしはキリストに」などと言い合っているとのことです。 コリントの信徒への手紙一 1章12節

信仰による義

ガラテヤの信徒への手紙 5章

律法によって義とされようとするなら、あなたがたはだれであろうと、キリストとは縁もゆかりもない者とされ、いただいた恵みも失います。 ガラテヤの信徒への手紙 5章4節

神との平和

コロサイの信徒への手紙 1章

神は、御心のままに、満ちあふれるものを余すところなく御子の内に宿らせ、その十字架の血によって平和を打ち立て、…万物をただ御子によって、御自分と和解させられました。 コロサイの信徒への手紙 1章19節~20節

わたしと一緒に熱心に祈ってください

ローマの信徒への手紙 15章

どうか、わたしのために、わたしと一緒に神に熱心に祈ってください、わたしがユダヤにいる不信の者たちから守られ、エルサレムに対するわたしの奉仕が聖なる者たちに歓迎されるように、 ローマの信徒への手紙 15章30節~31節

あなたはわたしの愛する子

ルカによる福音書 3章

聖霊が鳩のように目に見える姿でイエスの上に降って来た。すると、「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」という声が、天から聞こえた。 ルカによる福音書 3章22節

既に父を見ている

ヨハネによる福音書 1章

いまだかつて、神を見た者はいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである。 ヨハネによる福音書 1章18節

永遠の贖いを成し遂げられた祭司キリスト

ヘブライ人への手紙 9章

雄山羊と若い雄牛の血によらないで、御自身の血によって、ただ一度聖所に入って永遠の贖いを成し遂げられたのです。 ヘブライ人への手紙 9章12節

わたしは良い羊飼い

ヨハネによる福音書 10章

わたしは彼らに永遠の命を与える。彼らは決して滅びず、だれも彼らをわたしの手から奪うことはできない。 ヨハネによる福音書 10章28節

あなたがたはキリストの体

コリントの信徒への手紙一 12章

あなたがたはキリストの体であり、また、一人一人はその部分です。 コリントの信徒への手紙一 12章27節

キリスト者と呼ばれるように

ペトロの手紙一 2章

あなたがた自身も生きた石として用いられ、霊的な家に造り上げられるようにしなさい。そして聖なる祭司となって神に喜ばれる霊的ないけにえを、イエス・キリストを通して献げなさい。 ペトロの手紙一 2章5節

恵みの善い管理者

ペトロの手紙一 4章

あなたがたはそれぞれ、賜物を授かっているのですから、神のさまざまな恵みの善い管理者として、その賜物を生かして互いに仕えなさい。 ペトロの手紙一 4章10節

独り子を見つめる幸い

ヨハネによる福音書 1章

言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。 ヨハネによる福音書 1章14節

十字架から始まる生活

ヘブライ人への手紙 1章

御子は、神の栄光の反映であり、神の本質の完全な現れであって、…人々の罪を清められた後、天の高い所におられる大いなる方の右の座にお着きになりました。 ヘブライ人への手紙 1章3節

神の恵みはどこまでも

ローマの信徒への手紙 8章

神の霊によって導かれる者は皆、神の子なのです。 ローマの信徒への手紙 8章14節

小羊の血による生活

ペトロの手紙一 1章

知ってのとおり、あなたがたが先祖伝来のむなしい生活から贖われたのは、金や銀のような朽ち果てるものにはよらず、きずや汚れのない小羊のようなキリストの尊い血によるのです。 ペトロの手紙一 1章18節~19節

私たちの居場所

コロサイの信徒への手紙 1章

御父は、わたしたちを闇の力から救い出して、その愛する御子の支配下に移してくださいました。 コロサイの信徒への手紙 1章13節

神の栄光を讃えて生きる

コリントの信徒への手紙一 6章

あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。だから、自分の体で神の栄光を現しなさい。 コリントの信徒への手紙一 6章20節

福音にふさわしく生きる

フィリピの信徒への手紙 1章

ひたすらキリストの福音にふさわしい生活を送りなさい。そうすれば、…わたしは次のことを聞けるでしょう。あなたがたは一つの霊によってしっかり立ち、心を合わせて福音の信仰のために共に戦っており、…たじろぐことはないのだと。 フィリピの信徒への手紙 1章27節~28節

真の神が真の人に―神の言なればこそ

ヨハネによる福音書 1章

初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。
言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。 ヨハネによる福音書 1章1節、14節

聖なる方・罪なき方こそ真の救い主

ルカによる福音書 1章

天使は答えた。「聖霊があなたに降り、いと高き方の力があなたを包む。だから、生まれる子は聖なる者、神の子と呼ばれる。」 ルカによる福音書 1章35節

僕になった神―低さの極みにまで

フィリピの信徒への手紙 2章

キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。 フィリピの信徒への手紙 2章6節~7節

ただ一人の贖い主、キリスト

テモテへの手紙一 2章

神は唯一であり、神と人との間の仲介者も、人であるキリスト・イエスただおひとりなのです。この方はすべての人の贖いとして御自身を献げられました。これは定められた時になされた証しです。 テモテへの手紙一 2章5節~6節

死をもたらす律法が命への導き手に

ローマの信徒への手紙 8章

神は…御子を罪深い肉と同じ姿でこの世に送り、その肉において罪を罪として処断されたのです。それは、肉ではなく霊に従って歩むわたしたちの内に、律法の要求が満たされるためでした。 ローマの信徒への手紙 8章3節~4節

キリストにあって起きた罪と義の逆転

コリントの信徒への手紙二 5章

罪と何のかかわりもない方を、神はわたしたちのために罪となさいました。わたしたちはその方によって神の義を得ることができたのです。 コリントの信徒への手紙二 5章21節

新しい命に生きる

ローマの信徒への手紙 6章

わたしたちは洗礼によってキリストと共に葬られ、その死にあずかるものとなりました。それは、キリストが御父の栄光によって死者の中から復活させられたように、わたしたちも新しい命に生きるためなのです。 ローマの信徒への手紙 6章4節

主イエスが担った苦しみとわたし

イザヤ書 53章

彼は軽蔑され、人々に見捨てられ
多くの痛みを負い、病を知っている。
彼はわたしたちに顔を隠し
わたしたちは彼を軽蔑し、無視していた。 イザヤ書 53章3節

神の愛と唯一の犠牲

ヨハネの手紙一 4章

わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります。 ヨハネの手紙一 4章10節

罪と死との法則からの解放

ローマの信徒への手紙 8章

従って、今や、キリスト・イエスに結ばれている者は、罪に定められることはありません。キリスト・イエスによって命をもたらす霊の法則が、罪と死との法則からあなたを解放したからです。 ローマの信徒への手紙 8章1節~2節

十字架と神の義

ローマの信徒への手紙 3章

ただキリスト・イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされるのです。 ローマの信徒への手紙 3章24節

ポンテオ・ピラトのもとに

コリントの信徒への手紙二 5章

罪と何のかかわりもない方を、神はわたしたちのために罪となさいました。わたしたちはその方によって神の義を得ることができたのです。 コリントの信徒への手紙二 5章21節

呪いを引き受けられた主イエス

ガラテヤの信徒への手紙 3章

キリストは、わたしたちのために呪いとなって、わたしたちを律法の呪いから贖い出してくださいました。「木にかけられた者は皆呪われている」と書いてあるからです。 ガラテヤの信徒への手紙 3章13節

新生と希望

ペトロの手紙一 1章

わたしたちの主イエス・キリストの父である神が、ほめたたえられますように。神は豊かな憐れみにより、わたしたちを新たに生まれさせ、死者の中からのイエス・キリストの復活によって、生き生きとした希望を与え…てくださいました。 ペトロの手紙一 1章3節~4節

キリストの死

ローマの信徒への手紙 8章

肉の弱さのために律法がなしえなかったことを、神はしてくださったのです。つまり、罪を取り除くために御子を罪深い肉と同じ姿でこの世に送り、その肉において罪を罪として処断されたのです。 ローマの信徒への手紙 8章3節

キリストの葬り

イザヤ書 53章

彼は不法を働かず
その口に偽りもなかったのに
その墓は神に逆らう者と共にされ
富める者と共に葬られた。 イザヤ書 53章9節

身代わりの死と私たちの死

テサロニケの信徒への手紙一 5章

神は、わたしたちを…主イエス・キリストによる救いにあずからせるように定められたのです。主は、わたしたちのために死なれましたが、それは、わたしたちが、目覚めていても眠っていても、主と共に生きるようになるためです。 テサロニケの信徒への手紙一 5章9節~10節

「キリストの犠牲と死」からの益

コリントの信徒への手紙一 6章

わたしたちの古い自分がキリストと共に十字架につけられたのは、罪に支配された体が滅ぼされ、もはや罪の奴隷にならないためであると知っています。死んだ者は、罪から解放されています。 コリントの信徒への手紙一 6章6節~7節

感謝のいけにえ

エフェソの信徒への手紙 5章

あなたがたは神に愛されている子供ですから、神に倣う者となりなさい。キリストがわたしたちを愛して、御自分を香りのよい供え物、つまり、いけにえとしてわたしたちのために神に献げてくださったように、あなたがたも愛によって歩みなさい。 エフェソの信徒への手紙 5章1節~2節

試みの中にあるキリスト者の幸い

ヘブライ人への手紙 5章

キリストは、…激しい叫び声をあげ、涙を流しながら、御自分を死から救う力のある方に、祈りと願いとをささげ、その畏れ敬う態度のゆえに聞き入れられました。…そして、…神からメルキゼデクと同じような大祭司と呼ばれたのです。 ヘブライ人への手紙 5章7節~10節

聖霊の実

ガラテヤの信徒への手紙 5章

これに対して、霊の結ぶ実は愛であり、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、柔和、節制です。これらを禁じる掟はありません。 ガラテヤの信徒への手紙 5章22節~23節

神に受け入れられているわたし

ローマの信徒への手紙 4章

イエスは、わたしたちの罪のために死に渡され、わたしたちが義とされるために復活させられたのです。 ローマの信徒への手紙 4章25節

変わらぬ賛美を

ペトロの手紙一 1章

主イエス・キリストの父である神が、ほめたたえられますように。神は…わたしたちを新たに生まれさせ…イエス・キリストの復活によって、生き生きとした希望を与え…天に蓄えられている…財産を受け継ぐ者としてくださいました。 ペトロの手紙一 1章3節~4節

キリストと共に

ローマの信徒への手紙 6章

ローマの信徒への手紙 6章5節~6節

今ここで天に生きる

エフェソの信徒への手紙 2章

神は、わたしたちをこの上なく愛してくださり…罪のために死んでいたわたしたちをキリストと共に生かし、――あなたがたの救われたのは恵みによるのです――キリスト・イエスによって共に復活させ、共に天の王座に着かせてくださいました。 エフェソの信徒への手紙 2章4節~6節

罪からの自由

コリントの信徒への手紙一 15章

死者が復活しないのなら、キリストも復活しなかったはずです。そして、キリストが復活しなかったのなら、あなたがたの信仰はむなしく、あなたがたは今もなお罪の中にあることになります。 コリントの信徒への手紙一 15章16節~17節

しかし本当は

フィリピの信徒への手紙 3章

しかし、わたしたちの本国は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主として来られるのを、わたしたちは待っています。 フィリピの信徒への手紙 3章20節

愛なる神と共に

ヨハネの手紙一 4章

わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。
神は愛です。愛にとどまる人は、神の内にとどまり、神もその人の内にとどまってくださいます。 ヨハネの手紙一 4章16節

天にのぼり

使徒言行録 1章

こう話し終わると、イエスは彼らが見ているうちに天に上げられたが、雲に覆われて彼らの目から見えなくなった。イエスが離れ去って行かれるとき、彼らは天を見つめていた。 使徒言行録 1章9節~10節

天を見つめていた

使徒言行録 1章

こう話し終わると、イエスは彼らが見ているうちに天に上げられたが、雲に覆われて彼らの目から見えなくなった。 使徒言行録 1章9節

天と地と陰府

ローマの信徒への手紙 8章

だれがわたしたちを罪に定めることができましょう。死んだ方、否、むしろ、復活させられた方であるキリスト・イエスが、神の右に座っていて、わたしたちのために執り成してくださるのです。 ローマの信徒への手紙 8章34節

弁護者キリスト

ヨハネの手紙一 2章

わたしの子たちよ、これらのことを書くのは、あなたがたが罪を犯さないようになるためです。たとえ罪を犯しても、御父のもとに弁護者、正しい方、イエス・キリストがおられます。 ヨハネの手紙一 2章1節

キリストが天に

ヨハネによる福音書 14章

わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか。 ヨハネによる福音書 14章2節

キリストの聖霊

ヨハネによる福音書 14章

わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。 ヨハネによる福音書 14章16節

神の全能、己の無能

ヨハネによる福音書 15章

あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。 ヨハネによる福音書 15章16節

キリストはキリストの教会の頭である

コロサイの信徒への手紙 1章

また、御子はその体である教会の頭です。御子は初めの者、死者の中から最初に生まれた方です。こうして、すべてのことにおいて第一の者となられたのです。 コロサイの信徒への手紙 1章18節

父なる神の、キリストによる統治

エフェソの信徒への手紙 1章

神はまた、すべてのものをキリストの足もとに従わせ、キリストをすべてのものの上にある頭として教会にお与えになりました。 エフェソの信徒への手紙 1章22節

昇天と神の右に座されることの益

エフェソの信徒への手紙 4章

こうして、聖なる者たちは奉仕の業に適した者とされ、キリストの体を造り上げてゆき、ついには、わたしたちは皆、神の子に対する信仰と知識において一つのものとなり、…キリストの満ちあふれる豊かさになるまで成長するのです。 エフェソの信徒への手紙 4章12節~13節

すべての敵から守り支えてくださる

詩編 110編

わが主に賜った主の御言葉。
「わたしの右の座に就くがよい。
わたしはあなたの敵をあなたの足台としよう。」
主はあなたの力ある杖をシオンから伸ばされる。
敵のただ中で支配せよ。 詩編 110編1節~2節

再臨のキリストを待ち望む

詩編 8章

被造物だけでなく、“霊”の初穂をいただいているわたしたちも、神の子とされること、つまり、体の贖われることを、心の中でうめきながら待ち望んでいます。 詩編 8章23節

再臨のキリストによる裁きの祝福

マタイによる福音書 25章

「こうして、この者どもは永遠の罰を受け、正しい人たちは永遠の命にあずかるのである。」 マタイによる福音書 25章46節

契約の子の救い

マタイによる福音書 2章

こうして、預言者エレミヤを通して言われていたことが実現した。
「ラマで声が聞こえた。
激しく嘆き悲しむ声だ。
ラケルは子供たちのことで泣き、
慰めてもらおうともしない、
子供たちがもういないから。」 マタイによる福音書 2章17節~18節

神の霊が水の面を動いていた

創世記 1章

初めに、神は天地を創造された。地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。 創世記 1章1節~2節

約束された“霊”

ガラテヤの信徒への手紙 3章

それは、アブラハムに与えられた祝福が、キリスト・イエスにおいて異邦人に及ぶためであり、また、わたしたちが、約束された“霊”を信仰によって受けるためでした。 ガラテヤの信徒への手紙 3章14節

「アッバ、父よ」と叫ぶ御子の霊

ガラテヤの信徒への手紙 4章

あなたがたが子であることは、神が、「アッバ、父よ」と叫ぶ御子の霊を、わたしたちの心に送ってくださった事実から分かります。 ガラテヤの信徒への手紙 4章6節

アーメンと唱えてキリストとつながる

コリントの信徒への手紙二 1章

わたしたちとあなたがたとをキリストに固く結び付け、わたしたちに油を注いでくださったのは、神です。神はまた、わたしたちに証印を押して、保証としてわたしたちの心に“霊”を与えてくださいました。 コリントの信徒への手紙二 1章21節~22節

神の霊が、あなたがたの上に

ペトロの手紙一 4章

愛する人たち、あなたがたを試みるために身にふりかかる火のような試練を、…驚き怪しんではなりません。…あなたがたはキリストの名のために非難されるなら、幸いです。…神の霊が、あなたがたの上にどとまってくださるからです。 ペトロの手紙一 4章12節~14節

永遠にあなたがたと一緒に

ヨハネによる福音書 14章

わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。この方は、真理の霊である。…この霊があなたがたと共におり、これからも、あなたがたの内にいるからである。 ヨハネによる福音書 14章16節~17節

神の恵みによる選び

エフェソの信徒への手紙 1章

天地創造の前に、神はわたしたちを愛して、御自分の前で聖なる者、汚れのない者にしようと、キリストにおいてお選びになりました。 エフェソの信徒への手紙 1章4節

キリストの血により

ヨハネの黙示録 5章

「あなたは、屠られて、
あらゆる種族と言葉の違う民、
あらゆる民族と国民の中から、
御自分の血で、神のために人々を贖われ
…たからです。」 ヨハネの黙示録 5章9節~10節

聖なる者

エフェソの信徒への手紙 1章

天地創造の前に、神はわたしたちを愛して、御自分の前で聖なる者、汚れのない者にしようと、キリストにおいてお選びになりました。 エフェソの信徒への手紙 1章4節

イエス・キリストの羊

ヨハネによる福音書 10章

「わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている。…わたしは羊のために命を捨てる。」 ヨハネによる福音書 10章14節~15節

救いの確信

ヨハネの手紙一 3章

これによって、わたしたちは自分が真理に属していることを知り、神の御前で安心できます。 ヨハネの手紙一 3章19節

賜物を分かち合う恵み

ローマの信徒への手紙 12章

わたしたちは、与えられた恵みによって、それぞれ異なった賜物を持っていますから、預言の賜物を受けていれば、信仰に応じて預言し、奉仕の賜物を受けていれば、奉仕に専念しなさい。 ローマの信徒への手紙 12章:6節~7節

罪のゆるし

ローマの信徒への手紙 7章

わたしはなんと惨めな人間なのでしょう。死に定められたこの体から、だれがわたしを救ってくれるでしょうか。わたしたちの主イエス・キリストを通して神に感謝いたします。 ローマの信徒への手紙 7章24節~25節

神の主権

詩編 103編

主は天に御座を固く据え
主権をもってすべてを統治される。 詩編 103編19節

魂はキリストのもとへ

ルカによる福音書 23章

するとイエスは、「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と言われた。 ルカによる福音書 23章43節

死は勝利にのみ込まれた

コリントの信徒への手紙一 15章

この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを着るとき、次のように書かれている言葉が実現するのです。
「死は勝利にのみ込まれた」。 コリントの信徒への手紙一 15章54節

御子に似た者となる

ヨハネの手紙一 3章

しかし、御子が現れるとき、御子に似た者となるということを知っています。なぜなら、そのとき、御子をありのままに見るからです。 ヨハネの手紙一 3章2節

今、実感できる永遠の命

ローマの信徒への手紙 14章

神の国は、飲み食いではなく、聖霊によって与えられる義と平和と喜びなのです。 ローマの信徒への手紙 14章17節

主イエスとの命の交わり

ヨハネによる福音書 17章

永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです。 ヨハネによる福音書 17章3節

想像を絶する完全な祝福

コリントの信徒への手紙一 2章

しかし、このことは、
「目が見もせず、耳が聞きもせず、
人の心に思い浮かびもしなかったことを、
神は御自分を愛する者たちに準備された」
と書いてあるとおりです。 コリントの信徒への手紙一 2章9節

ペンテコステ

使徒言行録 2章

一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。
…この物音に大勢の人が集まって来た。そして、だれもかれも、自分の故郷の言葉が話されているのを聞いて、あっけにとられてしまった。 使徒言行録 2章4節~6節

信仰によって生きる

使徒言行録 2章

「見よ、高慢な者を。
彼の心は正しくありえない。
しかし、神に従う人は信仰によって生きる。」 使徒言行録 2:4

神の恵みによって無償で義とされる

エフェソの信徒への手紙 2章

事実、あなたがたは、恵みにより、信仰によって救われました。このことは、自らの力によるのではなく、神の賜物です。行いによるのではありません。それは、だれも誇ることがないためなのです。 エフェソの信徒への手紙 2章8節~9節

わたしの義の根拠となる主の復活

ローマの信徒への手紙 4章

わたしたちの主イエスを死者の中から復活させた方を信じれば、わたしたちも義と認められます。イエスは、わたしたちの罪のために死に渡され、わたしたちが義とされるために復活させられたのです。 ローマの信徒への手紙 4章24節~25節

神の義による神と罪人との和解

コリントの信徒への手紙二 5章

神は、キリストを通してわたしたちを御自分と和解させ、また、和解のために奉仕する任務をわたしたちにお授けになりました。 コリントの信徒への手紙二 5章18節

ただ神の義である方に結ばれて

ヨハネの手紙一 5章

その証しとは、神が永遠の命をわたしたちに与えられたこと、そして、この命が御子の内にあるということです。御子と結ばれている人にはこの命があり、神の子と結ばれていない人にはこの命がありません。 ヨハネの手紙一 5章11節~12節

永遠の神の義に生かされつつ

ローマの信徒への手紙 3章

では、どうなのか。わたしたちには優れた点があるのでしょうか。全くありません。既に指摘したように、ユダヤ人もギリシア人も皆、罪の下にあるのです。次のように書いてあるとおりです。
「正しい者はいない。一人もいない。」 ローマの信徒への手紙 3章9節~10節

人の力によらない

使徒言行録 3章

その男が、何かもらえると思って二人を見つめていると、ペトロは言った。「わたしには金や銀はないが、持っているものをあげよう。ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。」そして、右手を取って彼を立ち上がらせた。 使徒言行録 3章5節~7節

律法の実行と義

ローマの信徒への手紙 3章

なぜなら、律法を実行することによっては、だれ一人神の前で義とされないからです。律法によっては、罪の自覚しか生じないのです。 ローマの信徒への手紙 3章20節

善き行いの脆さ

イザヤ書 64章

わたしたちは皆、汚れた者となり
正しい業もすべて汚れた着物のようになった。
わたしたちは皆、枯れ葉のようになり
わたしたちの悪は風のように
わたしたちを運び去った。 イザヤ書 64章5節

信仰は神からの一方的な恵み

イザヤ書 11章

信仰がなければ、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神が存在しておられること、また、神は御自分を求める者たちに報いてくださる方であることを、信じていなければならないからです。 イザヤ書 11章:6節

隠れたところで見ておられる神

ルカによる福音書 17章

「あなたがたも同じことだ。自分に命じられたことをみな果たしたら、『わたしどもは取るに足りない僕です。しなければならないことをしただけです』と言いなさい。」 ルカによる福音書 17章10節

絶大な神の力に生かされる

テモテへの手紙二 4章

わたしは、戦いを立派に戦い抜き、決められた道を走りとおし、信仰を守り抜きました。今や、義の栄冠を受けるばかりです。正しい審判者である主が、かの日にそれをわたしに授けてくださるのです。…だれにでも授けてくださいます。 テモテへの手紙二 4章7節~8節

主イエスから注がれる恵み

ヨハネによる福音書 15章

わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。 ヨハネによる福音書 15章5節

聖霊に導かれた救いの宣言

ローマの信徒への手紙 1章

わたしは福音を恥としない。福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです。 ローマの信徒への手紙 1章16節

水と霊とによって生まれる

ヨハネによる福音書 3章

イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。」 ヨハネによる福音書 3章5節

キリストの言葉に聞く

ローマの信徒への手紙 10章

実に、信仰は聞くことにより、しかも、キリストの言葉を聞くことによって始まるのです。 ローマの信徒への手紙 10章17節

契約のしるし

ローマの信徒への手紙 17章

あなたたち、およびあなたの後に続く子孫と、わたしとの間で守るべき契約はこれである。すなわち、あなたたちの男子はすべて、割礼を受ける。包皮の部分を切り取りなさい。これが、わたしとあなたたちとの間の契約のしるしとなる。 ローマの信徒への手紙 17章10節~11節

心に受ける礼典のしるし

申命記 30章

あなたの神、主はあなたとあなたの子孫の心に割礼を施し、心を尽くし、魂を尽くして、あなたの神、主を愛して命を得ることができるようにしてくださる。 申命記 30章6節

イエスに結ばれている

申命記 6章

それともあなたがたは知らないのですか。キリスト・イエスに結ばれるために洗礼を受けたわたしたちが皆、またその死にあずかるために洗礼を受けたことを。 申命記 6章3節

いつもあなたと共にいる

申命記 28章

「だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」 申命記 28章19節~20節

神の教会

コリントの信徒への手紙二 11章

すべてのものは、神から出て、神によって保たれ、神に向かっているのです。栄光が神に永遠にありますように、アーメン。 コリントの信徒への手紙二 11章36節

洗礼とは

使徒言行録 2章

すると、ペトロは彼らに言った。「悔い改めなさい。めいめい、イエス・キリストの名によって洗礼を受け、罪を赦していただきなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます。」 使徒言行録 2章38節

新しい命に生きる

ローマの信徒への手紙 6章

わたしたちは洗礼によってキリストと共に葬られ、その死にあずかるものとなりました。それは、キリストが御父の栄光によって死者の中から復活させられたように、わたしたちも新しい命に生きるためなのです。 ローマの信徒への手紙 6章4節

キリストの犠牲のゆえに

エフェソの信徒への手紙 1章

わたしたちはこの御子において、その血によって贖われ、罪を赦されました。これは、神の豊かな恵みによるものです。神はこの恵みをわたしたちの上にあふれさせ、すべての知恵と理解とを与えて…くださいました。 エフェソの信徒への手紙 1章7節~9節

新しく生まれる

ヨハネによる福音書 3章

「だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。…『あなたがたは新たに生まれねばならない』とあなたに言ったことに、驚いてはならない。風は思いのままに吹く。…霊から生まれた者も皆そのとおりである。」 ヨハネによる福音書 3章5節~8節